日本温泉地域学会・第15回研究発表大会・総会のお知らせ(2010年05月11日)

日本温泉地域学会・第15回研究発表大会・総会のお知らせ

開催温泉地:静岡県熱海市熱海温泉
協賛   :熱海市観光協会・熱海温泉ホテル旅館協同組合・NPO法人エイミック
開催日  :平成22年06月06日(日)~07日(月)
発表会場 :熱海市起雲閣 TEL.0557-86-3101
宿泊施設 :ホテル大野屋 TEL.0557-82-1111
視察会集合:06月06日(日)13:00  JR東海道本線熱海駅前集合
受付   :06月06日(日)17:30~ ホテル大野屋
懇親会  :06月06日(日)18:00~20:00 ホテル大野屋
発表会受付:06月07日(月)09:00~ 熱海市起雲閣
参加費  :一般会員・賛助会員2,000円、学生会員1,000円
懇親会費 :会費5,000円(学生3,000円)。学会指定宿泊施設を利用する場合、懇親会費は宿泊費に含まれます。(詳しくは[温泉地域研究」第14号をご覧ください)
交通案内:JR東海道本線熱海駅下車。視察会参加者の荷物を駅前から宿泊施設まで運びます。また、学会終了後、熱海駅まで送ります。

大会スケジュール
06月06日(日)
13:00~16:30 視察会 バスと徒歩で温泉観光都市を見学します。熱海駅~伊豆山温泉(伊豆山神社・走り湯)~お宮の松~サンビーチ~マリンスパあたみ~熱海城~大湯間欠泉・湯前神社~ホテル大野屋
16:30~18:00 休憩
18:00~20:00 懇親会
06月07日(月)
09:10~09:20 熱海市長挨拶
09:20~12:30 研究発表
12:30~13:30 昼休み(理事会:ホテル大野屋)
13:30~13:50 総会
13:50~14:20 基調講演 甘露寺泰雄(中央温泉研究所常務理事)
        「熱海温泉における温泉資源の実態とあり方」
14:20~15:20 熱海温泉関係者研究発表


以下、研究発表大会・総会プログラムです。

06月07日(月)自由論題 発表時間:20分(発表15分、質疑5分)
座長:中山昭則(別府大)
09:20~09:40 新田時也(東海大):西伊豆の温泉地-宇久須温泉の歴史と魅力-
09:40~10:00 谷口清和(温泉地活性化研究会):新幹線時代を迎える本州北端の温泉地の取り組み-浅虫温泉の現状と今後の課題-
10:00~10:20 鈴木 晶(別府大短大):中国西南地域における温泉観光開発の考察-桂林龍勝温泉を事例にして-
10:20~10:40 長谷戴子:温泉教授による温泉番付の問題点について
10:40~10:50 休憩
座長:長島秀行(東京理科大)
10:50~11:10 黒沢則夫(創価大):温泉源泉に生息する不思議な微生物(好熱菌)
11:10~11:30 古田靖志(下呂発温泉博物館):温泉地の土産としてのいわゆる入浴用“湯の華”について
11:30~11:50 王徽(高崎経済大院):温泉利用状況の変化からみた地域観光政策
11:50~12:10 小川沙有里(同志社大院):共同湯に見る公共性についての考察
12:10~12:30 中山昭則(別府大):別府温泉郷における観光の現状と課題
12:30~13:30 昼休み(理事会)
13:30~13:50 総会
座長:石川理夫(温泉評論家)
13:50~14:20 基調講演 甘露寺泰雄(中央温泉研究所):熱海温泉における温泉資源の実態とあり方
14:20~14:40 内田 実(NPO法人エイミック):熱海温泉における観光の現状と課題
14:40~15:00 高柳友彦(一橋大):源泉利用の歴史的展開-熱海温泉を事例に-
15:00~15:20 高橋満季(マリンスパあたみ):マリンスパあたみの取り組み
(学会終了後、熱海駅までお送りします。)
[PR]
by spalove | 2010-05-11 22:31 | ニュース


<< 温泉愛好会の新役員(2010年... 台湾温泉ツアー(2010年04... >>