ガンに効く温泉(2009年05月15日)

2009年05月14日、熊取町異業種交流会で「温泉地理学入門」の話しをした際、「ガンに効く温泉」のことを聞かれました。
具体的には、玉川温泉(秋田県)とローソク温泉(岐阜県)です。
いずれも、テレビ東京系の番組で放送されたとのことで、興味のある方は、皆さん、知っていたみたいです。
当方は、玉川温泉は有名なので、知っていましたが、ローソク温泉は知りませんでした。
従いまして、忘備録のつもりで、以下のデータを掲載します。

湯之島ラヂウム鉱泉保養所(ローソク温泉)
http://domestic.travel.yahoo.co.jp/tif/onsen/tifodetail/a6/noSP500740
住所:〒501-6122 中津川市高山2200-2
TEL:0573-72-5047
泉質:放射能泉(単純放射能冷鉱泉)
適応症: 神経痛、リウマチ、関節炎など
源泉数: 2
泉泉:13-15℃
湯量 : 3リットル/分
飲用 : 可
料金:日帰り1,000円 、宿泊10,000円
営業時間:午前9時30分~午後3時まで
定休日:毎月1日・21日
備考:混み具合で12時頃に受付が閉まる場合があります。

一般的な湯治宿の主人の話しでは、以下の会話があります。
お客「この温泉に入ると、本当に病気や怪我が治るのか」
主人「治りたいという気落ちがないと、効果はないですよ」
お客「…」
要するに、他力本願ではなく、自分で治したいという強い精神力がないと、いくら優れた湯治場でも、治癒は無理なようです。「治したい」「治りたい」という気持ちが脳を刺激して、その結果、快方に向かうケースが多いみたいです。
(温泉愛好会事務キョクチョウ)
[PR]
by spalove | 2009-05-15 10:31 | メッセージ


<< 犬鳴山温泉の様子(2009年0... お薦めの宿「和倉温泉花ごよみ」... >>