新入会員の紹介(2013年04月04日)

以下、新入会員です。よろしくお願いします。

2013年04月04日付
1年生の長島遼平クン(大阪府在住)
教員の堀口真宏サン(京都府在住)

2013年2月1日付
OBの1期生の鈴木大地サン(大阪府在住)

6月末開催の温泉観光実践士養成講座を受講して、実力をつけて欲しいと思います。
[PR]
# by spalove | 2013-04-04 15:39 | ニュース

酸ヶ湯、大雪(2013年02月25日)

テレ朝のニュースです。
忘備録となります。

この冬最も強い寒気が流れ込んだ影響で、記録的な大雪です。青森県の酸ヶ湯で、国内の記録をまた塗り替えました。積雪の高さはというと、一般的な住宅の2階部分まで雪が積もるほどの高さ。2月25日午前11時現在で550センチに達しています。

東北地方は、各地で記録を塗り替えるほどの積雪になっています。なかでも、酸ヶ湯では国内で現在観測されている地点のうち、過去最高記録となる550センチに達しました。また、弘前市では1982年の観測開始以来、1位となる153センチ、山形県や福島県などでも観測史上最も雪が積もった地点が続出しています。この寒気は次第に東へ離れ、雪の降り方は弱まってきますが、急斜面での雪崩や屋根からの落雪は雪がやんだ後に発生することもあり、引き続き注意が必要です。
[PR]
# by spalove | 2013-02-25 20:47 | ニュース

第2回別府八湯検定試験の結果(速報)(2012年08月04日)

大阪会場は、5人受験しました。

以下、成績です。
68点の方は、全体で8位の成績に当たりますので、後援から入浴券が出ると思います。

0001 68点
0003 56点
0004 36点
0005 48点
0006 40点

ちなみに、別府は、50人が受験しました。
1位は88点、2位80点、3位78点となります。

いずれも、速報値です。
[PR]
# by spalove | 2012-08-04 17:11 | ニュース

別府八湯検定試験の共催・後援(2012年05月30日)

別府八湯検定試験の主催は別府八湯検定実行委員会で、実行委員長は、土谷雄一別府八湯温泉道名人会・会長となります。
共催として、今年の第2回目から別府市旅館ホテル組合連合会が加わりました。
後援として、ひょうたん温泉、ホテルさわやかハートピア明礬、夢たまて筥が加わり、成績上位者に対して、入湯招待券の進呈が行われます。
なお、別府市からは、「市長賞」(賞状)が出ます。100点満点の方全員と、該当者無しの場合は、成績トップの方1名となります。

(1)主催
別府八湯検定実行委員会

(2)共催(順不同)
別府八湯温泉道名人会
別府八湯温泉道実行委員会
大阪観光大学温泉愛好会
別府市旅館ホテル組合連合会

(3)後援(順不同)
別府市
別府市観光協会
クリエイツ.
野上本館
大阪観光大学観光学研究所
茶房たかさき
CILゆぴあ
ひょうたん温泉
ホテルさわやかハートピア明礬
夢たまて筥
[PR]
# by spalove | 2012-05-30 09:17 | メッセージ

三島由紀夫の新婚旅行(2012年05月10日)

これは、忘備録です。何度もアップすることで、覚えます(苦笑)。

f0084607_1512864.jpg1958(昭和33)年6月1日、三島由紀夫は、川端康成夫妻の媒酌により杉山瑤子と結婚。その後、新婚旅行として箱根、熱海、京都、大阪、別府、博多へ行く。
6月1日は箱根富士屋ホテルに泊まり、熱海では起雲閣、その後、京都、大阪を経由して、関西汽船で別府へ。別府では、杉乃井館に宿泊。地獄めぐりを楽しんだと言われている。
某HPで6月1日、富士屋ホテルでのスナップがありましたので、ここで勝手に掲載します。
[PR]
# by spalove | 2012-05-10 14:36 | メッセージ

別府八湯の源泉数(2011年3月末)

大分県東部保健所報によると、別府八湯の温泉統計は以下の通りです。
2011(平成23)年3月31日現在となります。
一時期、源泉数3,000、湧出量13万キロリットルと言われましたが、もう過去のことですね。
お互いに注意しましょう。
数字は、大分県東部保健所のHPで確認できます。

源泉総数:2,307(2010年3月末は2,508)

利用源泉数:1,754(2,333)
自噴:350(442)
動力:1,404(1,891)

未利用源泉数:553(145)
自噴:143(95)
動力:410(80)

温度別源泉数:2,307(2,058)
25℃未満:1(-)
25℃以上~42℃未満:196(148)
42℃以上:1,832(2,061)
噴気:278(299)

湧出量ℓ/m:87,486(87,616)
自噴:19,591(18,948)
動力:67,895(68,668)
[PR]
# by spalove | 2012-05-07 15:46 | ニュース

第4回温泉観光実践士養成講座開講のお知らせ(2012年04月25日)

第4回温泉観光実践士養成講座の開催要項(要約版)

大阪観光大学観光学研究所
温泉観光実践士養成講座実行員会

【開講の趣旨】
大阪観光大学観光学研究所では、日本を代表する観光資源である温泉資源が有効に利用され、正しく活用されることで、いままで以上に温泉と温泉地が広く国民に愛され、さらにはONSENとして外国人にも親しく利用されることを願ってやみません。
しかし、ここ数年、温泉偽装、ガス爆発、レジオネラ症、震災、雪崩による事故などが発生し、温泉に対する社会的な不信・不安が生じた事実は周知の通りです。一方、バブル経済の崩壊で、全国の温泉観光地では団体旅行の激減などで、観光客数が減少し、温泉旅館の経営不振が顕在化してきました。
そこで、観光学研究所では、温泉の正しい理解、温泉観光地の活性化に関する人材の育成を意図して、2009年7月に第1回「温泉観光実践士」養成講座を開講することにしました。主に実践面を重視した講座を意図しており、温泉分析書の見方・読み方、温泉旅館の経営、温泉地の活性化、関西の温泉地などの科目を取り入れました。今回は、第2回(2010年6月実施)、第3回(2011年6月実施)に引き続き、第4回(2012年6月23日・24日)を開催するに至りました。
講師は、研究所の研究員及び客員研究員で、温泉及び温泉地に関する大阪を代表する専門家であります。実践面を重視した平易な講義によって、温泉を正しく理解した上で、温泉観光地の振興・活性化に寄与する人材を育成したいと考えます。全講義受講生には観光学研究所所定の「温泉観光実践士」の認定証を発行致します。なお、3回以上の受講生に対して、新たに「温泉観光管理士」の認定証を発行することになりました。
なお、温泉施設の管理、科学的な分野につきましては、(財)中央温泉研究所・(社)日本温泉協会・温泉工学会・日本温泉管理士会共催の温泉経営管理研修会、学会レベルの講座の場合は日本温泉地域学会開催の温泉観光士の講座を紹介致します。

--------------------------------------------------------------------
【開催日時と講義内容】
[1] 2012年6月23日(土)
09:15-09:45 受付
09:45-10:00 開講式観光学研究所・所長
10:00-11:00 (1)温泉地の活性化 … 浦 達雄
11:10-12:10 (2)温泉旅館の経営 … 浦 達雄 
12:10-13:00 昼休み
13:10-14:10 (3)温泉の定義と分類 … 高垣 聡 
14:20-15:20 (4)温泉の成分と泉質・効果 … 高垣 聡
15:30-16:30 (5)温泉分析書の見方・読み方 … 高垣 聡
16:30以降 移動(送迎付。17:00大学正門出発)
18:30~20:00 懇親会(み奈美亭)(自由参加)
 
[2] 2012年6月24日(日)
09:00 移動(送迎付。09:15み奈美亭正門玄関前出発)
10:00-11:00 (6)温泉地の歴史 … 小堀 貴亮
11:10-12:10 (7)温泉地と文学 … 山路 茂則
12:10-13:00 昼休み 
13:10-14:10 (8)温泉と健康 … 中尾 清
14:20-15:20 (9)関西の温泉地 … 中尾 清
15:20-15:50 レポート作成
15:50-16:10 閉校式・認定書授与観光学研究所・所長

【開催場所】
大阪観光大学:〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1

【受講定員】
受講定員は、原則ありませんが、宿泊施設の定員の都合上、宿泊を希望する受講生は先着50人とします。

【受講料】
受講料は1科目500円、資料代1,000円。9科目受講(資料代込み)の場合は5,000円とします。
1日目終了の際、み奈美亭(泉佐野市犬鳴山温泉)で宿泊懇親会を実施します。その際は、宿泊費は別途1万2,750円(1泊2食(1部屋4人。夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税・入湯税込み)となります。日帰りで受講し、み奈美亭で宿泊しないで、懇親会に参加する場合は、夕食懇親会費7,350円(夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税込み)を別途徴収致します。また、両日共、昼食が必要な方には、1,000円/1日でご用意いたします。

【申込方法】
郵便局から下記の口座に振込後、「受講申込書」を郵送、FAXまたはe-mailにてお送り下さい。

振込先: 口座番号〔00950-1-191662〕
       加入者名〔大阪観光大学〕
       振込人住所氏名〔住所・氏名・電話番号〕
      (郵便局備え付けの振込用紙で振り込んで下さい)
       振込期限:(宿泊の場合)  平成24年6月06日(水)
             (日帰りの場合)  平成24年6月20日(水)

申込書送付先: 〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1
        大阪観光大学「温泉観光実践士」
        Tel  072-453-8222  Fax  072-453-1451
        e-mail  kouza@tourism.ac.jp

※「領収書」につきましては、振込金受領証をもってかえさせていただきます。一旦振り込まれた料金の払い戻しは、原則出来ませんので、ご留意下さい。
-------------------------------------------------------------------
[PR]
# by spalove | 2012-04-25 18:28 | ニュース

第4回「温泉観光実践士」養成講座開講のお知らせ(2012年04月18日)

第4回「温泉観光実践士養成講座」の開講が決定しました。
日時:6月23日(土)・24日(日)
場所:大阪観光大学
内容:例年通りの内容です。ただし、「温泉地と文学」は講師が交代します。

詳細は、4月25日に、このブログでアップします。
お楽しみに…。
その後、温泉観光実践士のブログでアップする予定です(他力本願)(苦笑)。
今回は、累積3回の受講生に対して、「温泉観光管理士」の称号を授与します。
すでに3回受講された候補の方は、3人ほどいると思います。

それから、110cmロングタオルは、先日、注文をしました。
しかし、特注のため、文字色は紺しかないようです。
[PR]
# by spalove | 2012-04-18 18:45 | ニュース

別府八湯温泉道記念イベントのお知らせ(2012年03月14日

以下の要領で、別府八湯温泉道の記念イベントを開催します。
温泉道は、2001年3月25日にスタートし、それを記念したイベントになります。
主催は、別府八湯温泉道名人会。

日 時:2012年03月25日(日)13時30分~14時30分(講演会)
場 所:別府市紙屋公民館(紙屋温泉2階)
駐車場:3台程度
講演者:祝部幹雄氏(毎日新聞記者)
テーマ:6歳の温泉道名人が見た別府八十八湯の魅力
参加費:無料
その他:出席者先着順88名の方に、初代名人作成の輪島塗の箸(黄色の箸)進呈。

たぶん、祝部記者の力作の販売会の開催などがあると思います。
『別府八十八湯 名人への道《ぶらり湯の町・入湯日記》 』 弦書房(1260円)・2011年12月24日発行。

お知らせは、速報ですので、詳細は名人会HPで確認をお願いします。
[PR]
# by spalove | 2012-03-14 22:50 | ニュース

浦達雄の実践や報告(2012年03月08日)

某組織の長から昨日メールが届き、3月20日までにまとめるような指示が出ました。
そこで、一応、某組織に貢献したと思われる内容を整理し、いち早く紹介します。
どうせ、ボツになると思うので…。

浦達雄の実践や報告(平成23年5月末~平成24年3月末)

1.図書
服部銈二郎編著(2011)『現代日本の地域研究』古今書院、188頁。
この中で、「入湯手形で平凡な山の湯を克服:熊本県黒川温泉」(51-98頁)を紹介した。
2010年10月12日発行

2.報告書
温泉観光実践士養成講座実行委員会(2011)『温泉の正しい理解と温泉地の活性化-改訂版-』(共著)(大阪観光大学観光学研究所)、116頁、2009年6月1日。
この中で「温泉旅館の経営」(29-35頁)を執筆し、黒川温泉のふもと旅館、よしが浦温泉ランプの宿の経営の実態を報告した。
さらに「温泉地の活性化」(36-41頁)を執筆し、由布院温泉、別府温泉の活性化について、報告した。

3.雑誌
地図中心(日本地図センター)2011―10(通巻469号)で、特集「温泉と紅葉のコラボレーション」を企画し、主として女性ライターに原稿執筆を依頼した。
浦達雄(2011)「近畿の温泉 城崎温泉 犬鳴山温泉」を執筆。18-19頁。
特集は(表紙、3―23頁、46頁)。主な内容は北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州の温泉。
発行は2011年10月10日。


4.取材
2011年11月5日、浅虫温泉の「椿館」を取材し、ホテル旅館(柴田書店)2012年4月号「今月の小規模店」として掲載予定。

5.温泉地訪問
(1)いわき湯本温泉
2011年9月23日、別府八湯温泉道の関係で、いわき湯本温泉の旅館・温泉施設など9カ所を訪問し、入湯を通して、交流を深めた。
(2)浅虫温泉
2011年11月5日、日本温泉地域学会で浅虫温泉を訪問し、旅館経営者などと交流を深めた。

6.講座
第3回温泉観光実践士養成講座を大阪観光大学で開講した。
2011年6月25日~26日。
主催:温泉観光実践士養成講座実行委員会
受講生は56名。

7.検定試験
第1回別府八湯検定試験を開催した。別府会場と大阪会場で86名が受験した。
2011年8月6日実施。
主催:別府八湯検定実行委員会
[PR]
# by spalove | 2012-03-08 11:32 | ニュース