第6回・別府八湯検定試験の試験結果のお知らせ(2016年08月17日)

大変遅くなりましたが、第6回・別府八湯検定試験(大阪会場)の試験結果です。
結局、一般3人、学生9人の受験となりました。
受験番号101の方が、98点となり、「別府八湯カリスマ」認定となりました。
おめでとうございます。
他、102の方は「26」点、103の方は「48」点です。
学生を含めた平均点は「28.8」点です。
一般の方だけの平均点は「57.3」点です。
第7回に向けて頑張りましょう。

[PR]
# by spalove | 2016-08-17 17:05 | ニュース

第6回・別府八湯検定試験開催のお知らせ(2016年7月25日)

大変遅くなりましたが、第6回・別府八湯検定試験開催のお知らせです。詳細は、別府八湯検定試験のブログをご覧下さい。
期日は2016年8月6日(土)開催で、別府・大阪・東京の3会場で行います。http://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/beppu8kentei2016.html
f0084607_19572428.jpg

[PR]
# by spalove | 2016-07-25 19:57 | 別府八湯検定試験

第5回・別府八湯検定試験の結果(大阪会場)(2015年08月12日)

第5回・別府八検定試験(大阪会場)の結果です。
8人の受験希望がありましたが、結果は以下の通りです。
3人が欠席して、受験者は5人です。
最高点は78点、次が52点、以下、32点、26点、8点と続き、平均点は37.2点です。
78点の方は、「別府八湯準カリスマ」の認定があります。

別府は、最高点が96点、以下、86点、84点(2人)、78点(2人)、76点、74点、72点(3人)、70点と続き、平均点は67.2点です。96点の方が「別府八湯カリスマ」、70点以上(11人)の方が、「別府八湯準カルスマ」となります。

東京は、最高点が76点で、「別府八湯準カリスマ」となります。平均点は、48.8点です。

受験生は全体で52人で、内訳は、別府32人、大阪5人、東京15人で、最高点は96点、平均点は56.4点となります。
[PR]
# by spalove | 2015-08-12 17:06 | ニュース

第5回・別府八湯検定試験(別府会場)決定(2015年07月03日)

第5回・別府八湯検定試験ですが、別府会場が決定しました。「竹瓦温泉」の2階となります。

住所は次の通り。講座用の駐車場がないので、近くで停める必要があります。

〒 874-0944
大分県別府市元町16-23

[PR]
# by spalove | 2015-07-03 19:10 | ニュース

第5回・別府八湯検定試験の開催要項(2015年06月26日)

第5回・別府八湯検定試験の開催について
f0084607_1335326.jpg


毎年、悪問・難問で申し訳ないですが、今年は、別府八湯の記念日である8月8日に開催します。
なお、共催・後援は、今後変わる可能性があります。また別府会場ですが、まだ未定です。
そして、申し込み方法は、各会場で異なります。ご留意下さい。

第5回・別府八湯検定試験の開催要項
2015年6月吉日
別府八湯検定実行委員会

1.目的
別府八湯検定試験は、2011年に第1回を開催し、2015年で5回目の開催となりました。この検定試験の目的は、「めざせ!別府八湯カリスマ」の一言です。試験の内容は、例年通り、別府八湯に関する自然・歴史・産業・文化・温泉など様々な分野から、あなたの別府八湯に関する知力の度合いを検定します。
問題作成は、世界最大級の温泉地である「別府八湯」を極めれば、日本の温泉、さらには世界の温泉を極めることが出来るという観点から行っております。したがって、問5では、特に別府八湯温泉道(あるいは日本の観光全般、温泉&温泉地)に関する問題を用意しました。これが別府八湯検定の特色となります。
この検定試験を通して、別府八湯の自然・歴史・産業・文化・温泉などを学び、検定試験の学習を通して、別府八湯に対する愛着と誇りを認識して頂きたいと思います。温泉の自然的な側面(泉質や適応症など)はもちろん大切ですが、歴史や文化の湯に浸かるという視点も大切にしています。作問に付きましては、作問委員会を4人で構成しており、十分検討した上で、作問する努力をしております。
なお、高得点者に対しては、「別府八湯カリスマ(準カリスマ)」として認定し、記念の特製ロングタオル(日本製)を進呈しますので、末永く別府八湯の伝道師としてご活躍することを祈念致します。毎年、暑い夏の日に開催していますが、開催日は別府八湯の記念日である8月8日前後の土曜日としています。今年は幸いにも8月8日が開催日となって、第5回という記念日に相応しいと満足しています。ところで、会場は、例年の別府・大阪以外に2014年から東京会も設けました。

2.主催
別府八湯検定実行委員会

3.共催(順不同)
別府八湯温泉道名人会・別府八湯温泉道実行委員会・大阪観光大学温泉愛好会・別府市旅館ホテル組合連合会・温泉観光実践士協会(順不同)

4.後援(順不同)
別府市・別府市観光協会・クリエイツ.・野上本館・茶房たかさき・CIL別府こんぱす・ひょうたん温泉・ホテルさわやかハートピア明礬・夢たまて筥・末広温泉共同組合・温泉百貨店・ホテルニューツルタ、CTBメディア。 (順不同)

5.受験資格と受験者定員数
(1)受験資格
特に無し
(2)受験者定員数
別府会場は先着88人。
大阪会場は特に人数制限はありません。
東京会場は先着50人。

6.申込受付期間
2015年7月1日(水)~7月29日(水)
受付時間:10時~15時(土・日・祝日を除く)

7.受験料
1,000円
(1)別府会場
当日、試験会場に持参して下さい。
(2)大阪会場
郵便局から下記「17.受験の申し込み方法」(大阪会場)に記載した口座に予め振り込んで下さい。
(3)東京会場
下記「17.受験の申し込み方法」(東京会場)の通り、ゆうちょ銀行口座にお振込み下さい。

8.検定日時
2015年8月8日(土) 13時30分~14時30分 (説明10分、試験50分)
試験終了後、解答用紙を配布し、自己採点を行います。

9.会場
(1)別府会場:未定
(2)大阪会場:大阪観光大学(教室は当日指示)
590-0493大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1
(JR阪和線日根野駅下車徒歩15分)
駐車場有(ただし20台程度)
電話:072-453-8222
(3)東京会場:大田区産業プラザPiO
144-0035東京都大田区南蒲田1-20-20
(京急蒲田駅より徒歩2分/品川・横浜・羽田空港各駅から約10分)
(JR蒲田駅・東急蒲田駅より徒歩13分)

10.問題数・形式など
50問。
五者択一式。問題は別府八湯の自然・歴史・産業・文化・温泉など。ただし、問5は選択問題とします。別府八湯温泉道に関する問題、あるいは、日本全体の観光・温泉&温泉地に関する問題のいずれかを選択します。

11.問題の内容(2011年の問題例)
問1 別府八湯の自然(温泉資源などを含む)に関する問題である。
1.高崎山は国立公園に属している。国立公園の名称は。正解は⇒③
①阿蘇久住  ②阿蘇九重  ③阿蘇くじゅう  ④阿蘇  ⑤瀬戸内海
問2 別府八湯の歴史(年号、旧跡などを含む)に関する問題である。
1.伊予風土記では、別府を何の湯と称しているか。⇒④
①豊後  ②朝見  ③別符  ④速見  ⑤流川
問3 別府八湯の産業(交通、道路などを含む)に関する問題である。
1.現在の西法寺通りは江戸時代の何街道か。⇒②
①大分  ②小倉 ③別府  ④日田  ⑤国東
問4 別府八湯の文化(文学、芸術などを含む)に関する問題である。
1.貝原益軒が別府を訪れて、「豊国紀行」を著した時代はいつか。⇒①
①元禄  ②文化  ③天保  ④寛政 ⑤享保
問5 (選択)別府八湯温泉道に関する問題である。
1.別府八湯温泉道がスタートしたのはいつか。⇒①
①2001年3月25日 ②2001年8月8日 ③2000年3月25日 ④2000年8月8日 ⑤2003年4月1日
問5 (選択)日本全体の観光・温泉&温泉地に関する問題である。
1.20年前の1991年6月3日に大火砕流が発生した雲仙・普賢岳の山麓の温泉地はどこか。⇒②
①指宿  ②島原  ③嬉野  ④武雄  ⑤菊池

12.受験の際の参考書&HP(順不同)
参考書:別府八湯温泉本2014-2015
HP:別府なび
HP:別府八湯温泉道
ブログ:懐かしの別府ものがたり 
ブログ:別府八湯検定

13.認定基準
100点満点中70点以上が合格

14.発表
認定基準を突破した方は、8月10日以降に認定証などを発送します。
その他は、すみやかに受験番号と得点をブログ(別府八湯温泉道名人会、大阪観光大学温泉愛好会など)で公表します。模範解答は、試験終了後、会場で配布します。

15.表彰
表彰は70点以上の方全員。
得点上位者に対しては、次の招待券や粗品などを進呈します。
最高得点者(多い場合は、抽選で1名)の方には、野上本館宿泊招待券(B&B)(本人を含めて2人の宿泊券)を進呈します。
次点(多い場合は、抽選で2名)の方には、ひょうたん温泉家族湯招待券を差し上げます。さらに成績上位者に対して抽選で、ホテルさわやかハートピア明礬5人、夢たまて筥5人の方にペア無料入浴券を差し上げます。
70点以上の方には、特製記念ロングタオル「別府八湯カリスマ」(タオルの産地である大阪府熊取町の特製タオル)を進呈します。
別府八湯永世カリスマの方全員に対して、市長賞(表彰状)を差し上げます。
該当者なしの場合は、最高得点者1名の方に対して、市長賞(表彰状)を差し上げます。

16.認定証(称号)
100点満点→別府八湯永世カリスマ
88点以上→別府八湯カリスマ
70点以上→別府八湯準カリスマ

17.受験の申し込み方法
(1)別府会場:別府八湯温泉道名人会
郵送のみ(往復はがき)。往復はがきで住所・氏名・性別・年齢・電話番号を記入の上、別府八湯温泉道名人会へ申し込んで下さい。受験料は試験当日に会場へ持参して下さい。
〒874-0920 別府市北浜1丁目1-20   別府八湯温泉道名人会「別府八湯検定実行委員会」
(2)大阪会場:大阪観光大学別府八湯検定担当
住所・氏名・電話番号を記入の上、以下の口座に振り込んで下さい。
振込期限は2015年7月29日(土・日・祝日は除く)
郵便局から下記の口座に受験料1,000円を振込後、「受講申込書」を郵送、FAXまたはe-mailにてお送り下さい。
590-0493大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1
電話:072-453-8222、FAX: 072-453-1451  
e-mail:kouza@tourism.ac.jp
振込先: 口座番号〔00920-3-194585〕
加入者名〔温泉愛好会〕
振込人の住所氏名〔住所・氏名・性別・年齢・電話番号〕(郵便局備え付けの振込用紙で振り込んで下さい)
(3)東京会場:温泉百貨店 別府八湯検定担当
①WEBページより必要事項をご入力いただきお申し込みください。
②事務局より、振込先(ゆうちょ銀行)を記載した確認メールを送信します。
③指定された口座にご入金ください。入金完了後、メールにて受験票を送信します。

18.受験番号
(1)別府会場
往復はがきの返事で記載します。
(2)大阪会場
受験番号は、当日、会場で発表します。
当日、受験者は身分証明書を持参して下さい。(運転免許証、パスポートなど)
(3)東京会場
受験番号は入金完了後、e-mailにて連絡します。

19.問い合わせ先
(1)別府会場:別府八湯温泉道名人会
e-mail:88meijinkai@gmail.com(別府八湯温泉道名人会)
(2)大阪会場:大阪観光大学別府八湯検定担当
590-0493大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1 *土・日・祝日は除く。
電話:072-453-8222 FAX:072-453-1451 
e-mail:kouza@tourism.ac.jp
(3)東京会場:温泉百貨店
e-mail:info@onsenhyakkaten.com

※皆様の個人情報は、別府八湯検定実行委員会が管理し、法令などに基づき開示する場合を除き、本人の同意なく開示・提供することはありません。
[PR]
# by spalove | 2015-06-26 13:05 | ニュース

紀泉温泉修験道スタート(2015年6月17日)

2015年6月26日、いよいよ紀泉温泉修験道が始まります。
以下、開催要項です。
対象施設につきましては、後日、アップします。

2015年6月吉日
紀泉温泉修験道の開催要項
紀泉温泉修験道実行委員会    

参加者の方へ

【趣旨と概要】
紀泉温泉修験道とは、簡単に言えば、紀泉地方に位置する温泉施設を巡るスタンプラリーを示します。 紀泉地方の活性化を意図した企画となります。この企画は、別府八湯温泉道、珠洲温泉銭湯道などを参考として立ち上げました。別府八湯温泉道は、2001年3月25日にスタートしました。企画の際に参考としたのが、四国のお遍路88ヵ所巡りです。したがって、別府の温泉道では、温泉入浴のことを「入湯」と称し、さらに「修行」としています。
ところで、別府市の温泉施設は様々な形態があって、特に共同湯が個性的です。この共同湯は、本来、地元民を対象とした温泉施設で、観光客には原則開放をしていません。従って、地域固有のルールがあります。具体的には、挨拶の励行、洗面セットの持参、跳ね湯の注意などです。跳ね湯はかけ湯の作法で、立ったままお湯を身体にかけるのではなく、ひざまづいてお湯をかけるスタイルとなります。こうすれば、お湯をかける際に、隣の方にお湯がかからなくなります。これはほんの一例です。
別府の共同湯ですが、温泉道というイベントに協賛する形で、一部の共同湯限定ですが、参加者に対して善意に開放したのです。こうした背景があって、温泉道の参加者は、「入湯させて頂く」と言う感謝を込めて、温泉道による入湯のことを「修行」と称しています。
ところで、紀泉地方には「修験道」という宗教があります。今回の企画は、修験≒修行としてとらえました。本来、別府八湯温泉道は、別府八湯温泉修行道と称するものです。 
修験道には「山へ籠もって厳しい修行を行う…」の意味が含まれています。そこで、紀泉地方での温泉スタンプラリーのことを、「紀泉温泉修験道」という個性的な名称を採用したことになります。

【スタンプラリー】
紀泉温泉修験道は、紀泉地方に位置する温泉施設を巡るスタンプラリーです。入湯のためにあらかじめ定められた温泉施設を訪問し、入湯と引き換えに施設のスタンプを頂き、8種のスタンプが揃えると、「紀泉温泉修験道名人」になり、名人として表彰を行います。

【エリア】
紀泉地方とは、一応、紀泉山地沿いの地域とし、和歌山市、貝塚市以南、奈良県葛城地区を想定しております。ただし、地区(地域)で希望があれば、今後、拡大する計画です。

【段位認定・記念品】
スタンプ8種で、紀泉温泉修験道名人として表彰を行います。ただし、認定料として2,000円が必要となります。記念品として「紀泉温泉修験道名人」刺繍入り記念ロングタオル(110センチ)を差し上げます。
さらに希望者には、花山温泉(和歌山市)で肖像写真の掲載を行います。その写真は自分で用意することになります。なお、11巡の方は「紀泉温泉修験道先達」として表彰を行ないます。ただし、認定料2,000円が必要となります。記念品として「紀泉温泉修験道先達」刺繍入り記念ロングタオル(110センチ)を差し上げます。

【参加方法】
参加者は「紀泉温泉修験道・先達帳」(紀泉温泉修験道スタンプ帳) (頒価200円)を購入することで入門を認めます。スタンプ帳は各温泉施設で用意しています。施設で入湯した際に、スタンプ帳の所定の部分で押印し、その際、入湯の年月日を記入して下さい。

【対象施設】
別紙の通り。

【認定申請先】
以下の実行委員会までお願いします。
郵送の場合は、スタンプ帳と一緒に、認定料2,000円を郵便小為替で同封して下さい。

【事務局・問い合わせ先】
①問い合わせ先(その1)は「花山温泉」(認定申請先)
住所: 〒640-8303 和歌山県和歌山市鳴神574
電話:073-471-3277  FAX:073-471-3277 e-mail:info@hanayamaonsen.com
②問い合わせ先(その2)は「温泉愛好会」
住所:〒590-0493大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1 大阪観光大学温泉愛好会
電話:072-453-8222、FAX:072-453-1451 e-mail:kouza@tourism.ac.jp

【主催・共催など】
主催:紀泉温泉修験道実行委員会
共催:大阪観光大学温泉愛好会、別府八湯温泉道名人会

【個人情報の取り扱い】
皆様の個人情報は、実行委員会が管理し、法令などに基づき開示する場合を除き、本人の同意なく開示・提供することはありません。
[PR]
# by spalove | 2015-06-17 13:51 | ニュース

第7回・温泉観光実践士養成講座の開催要項

以下、温泉TOP講座を開講します!

第7回・温泉観光実践士養成講座の開催要項
温泉観光実践士養成講座実行員会
大阪観光大学観光学研究所

【開講の趣旨】
温泉観光実践士養成講座実行員会では、「温泉の正しい理解、温泉観光地の活性化に関する人材の育成」を意図して、2009年7月に第1回「温泉観光実践士養成講座」を開催し、今年で7年目を迎えました。本講座は主に実践面を重視した講座であり、平易な講義によって、温泉を正しく理解した上で、温泉観光地の振興・活性化に寄与する人材を育成したいと考えます。主な科目は「温泉地の歴史」「温泉地と文学」「温泉の成分と泉質・効果」「温泉分析書の見方・読み方」「温泉旅館の経営」などで、その他、第5回からは「温泉地と旅行企画」、第6回は新たに「温泉施設の経営」を開講し、第7回は科目と講師の一部入れ替えを行い、一層の充実を図っております。
温泉観光実践士養成講座実行員会では、日本を代表する観光資源である温泉資源が有効に利用され、正しく活用されることで、いままで以上に温泉と温泉地が広く国民に愛され、さらにはONSENとして外国人にも親しく利用されることを願ってやみません。しかし、21世紀に入って、温泉偽装・ガス爆発・レジオネラ症・震災・雪崩による事故などが発生し、温泉に対する社会的な不信・不安が生じた事実は周知の通りです。一方、バブル経済の崩壊で、全国の温泉観光地では団体旅行の激減などで観光客数が減少し、温泉旅館の経営不振が顕在化してきました。こうした温泉に関するマイナス面を是正し、困難を克服するための一助として本講座を企画した次第です。
本講座では、全講義受講生に対して、温泉観光実践士養成講座実行員会所定の「温泉観光実践士」の認定証を発行し、3回以上の受講生に対して「温泉観光管理士」、5回以上の受講生に対して「温泉観光診断士」、7回以上の受講生に対して「温泉観光管理診断士」の認定証を発行致します。 
なお、温泉施設の管理、科学的な分野につきましては、(財)中央温泉研究所・(社)日本温泉協会・温泉工学会・日本温泉管理士会共催の「温泉経営管理研修会」、学会レベルの講座の場合は日本温泉地域学会主催の「温泉観光士」の講座を紹介致します。
ところで、温泉観光実践士の名称ですが、通称「温泉TOP」とします。つまり「温泉トップ」と呼びます。Tは「ツーリズム Tourism 観光事業」、Oは「オーガーナイザー Organizer 組織者、世話人、まとめ役」、Pは「プライオリテイ Priority (時間・順序が)前[先]であること」の意味で、言い換えれば、「温泉観光事業を先に進める世話役」となります。分かりやすい愛称として末永く定着することを願ってやみません。

【講師の紹介】(発表順)
樽井由紀:担当科目(温泉地の歴史) 観光学研究所・客員研究員。
山路茂則:担当科目(温泉地と文学) 観光学研究所・客員研究員。
高垣 聡:担当科目(温泉の定義と分類、温泉の成分と泉質・効果)観光学研究所・客員研究員。
高橋祐次:担当科目(温泉分析書の見方・読み方)観光学研究所・客員研究員。
中村源吾・西口正敏:担当科目(温泉施設の経営) 花山温泉(和歌山市)。
浦 達雄:担当科目(温泉旅館の経営) 大阪観光大学観光学部・教授。
崎本武志:担当科目(温泉地と旅行企画) 観光学研究所・客員研究員。 

[開催場所】
大阪観光大学:〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1

【受講定員】
受講定員は、原則ありませんが、宿泊施設の定員の都合上、宿泊を希望する受講生は先着50人とします。

【受講料】
受講料は1科目600円、資料代1,500円(記念タオル代込み)。8科目受講(資料代込み)の場合は6,000円とします。1日目終了の際、み奈美亭(泉佐野市犬鳴山温泉)で宿泊懇親会を実施します。その際は、宿泊費は別途1万3,110円(1泊2食。1部屋4人。夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税・入湯税込み)となります。日帰りで受講し、み奈美亭で宿泊しないで、懇親会に参加する場合は、夕食懇親会費7,560円(夕食時ビール・ソフトドリンク付。消費税込み)を別途徴収致します。なお、シングルユースの場合は、数に限りがありますが、3,000円プラス(税別)となります。また、両日共、昼食(ペットボトル付)が必要な方には、1,000円/1日でご用意致します。

【申込方法】
郵便局から下記の口座に振込後、「受講申込書」を郵送、FAXまたはe-mailにてお送り下さい。
振込先: 口座番号〔00950-1-191662〕
       加入者名〔大阪観光大学〕
       振込人住所氏名〔住所・氏名・電話番号〕
      (郵便局備え付けの振込用紙で振り込んで下さい)
       振込期限: (宿泊の場合)  平成27年6月10日(水)
             (日帰りの場合) 平成27年6月17日(水)
       ※宿泊先に部屋があれば、申し込みが遅れてもOKです。
申込書送付先:〒590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1
       大阪観光大学「温泉観光実践士」
       Tel  072-453-8222  Fax  072-453-1451
       e-mail  kouza@tourism.ac.jp
※「領収書」につきましては、振込金受領証をもってかえさせて頂きます。一旦振り込まれた料金の払い戻しは、原則出来ませんので、ご留意下さい。

【後援】〈順不同〉
㈱ツーリストサポート、花山温泉薬師の湯、み奈美亭

f0084607_10232492.jpg
f0084607_10223696.jpg


 
[PR]
# by spalove | 2015-04-22 10:23 | ニュース

日本タイ温泉観光協会設立(2015年04月22日)

2015年4月1日、日本タイ温泉観光協会を設立しました。
規約などは次の通りです。会費不要ですので、気楽な会にしたいと思います。

規約
第1条 会の目的
会の目的は、以下の通りである。
①タイ及び日本の温泉及び温泉地について、啓蒙活動を行う。
②タイ及び日本の温泉及び温泉地について、会員相互で情報交換を行う。
③会の活動を通して、会員相互の触れ合い・交流・出会いの場を提供する。
④日本からのタイへの温泉ツアーを企画する。
⑤タイから日本への温泉ツアーを企画する。
⑥その他、会が必要と認めたもの。
第2条 会の名称
会の名称は、「日本タイ温泉観光協会」とする。
英語表記は「The Japan Thailand Hot Spring Tourism Association」とする。
第3条 会の所在地
会の所在地(事務局)は、当面の間、大阪観光大学観光学部・浦達雄研究室とする。
住所は「590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1」。
第4条 この会には、次の役員を置く。
顧問・会長・副会長・事務局長を置く。その他、必要に応じて担当を設ける。
第5条 会費・会員
①会費は、定期的に徴収しない。活動する場合は、そのつど徴収する。
②活動は、当面の間、不定期とする。
③会員は固定せず、タイや日本の温泉や温泉地に関心を持つ温泉マニアに限らず、学生・一般などから募集する。
④本会の活動に賛同する個人・組織・団体などを賛助会員とする。
第6条 活動内容
①自主活動
当面の間、各自が自主活動を行い、その成果は、ブログ・フェイスブックなどで各自が報告をする。
②温泉ツアー
時期を見て、温泉ツアーを企画し、実行する。
③研修会
研修会は、当分の間、他の組織のものを利用して、研鑽を励む。
附則:規約は、設立時である2015年4月1日から施行する。

役員
顧問(タイ):アナウッド チョサップ(Anawut CHOOSUP)
顧問(日本):土屋 渉(Wataru TSUCHIYA)
会長:浦 達雄(Tatsuo URA)
副会長:小堀 貴亮(Takaaki KOBORI)
事務局長(タイ):パンティラー シンタイポップ(Pantira SIGTAIPOB)
事務局長(日本):中山 三照(Mitsuteru NAKAYAMA)

公開講座
以下のテーマで、公開講座を行ないます。
希望の機関がありましたら、お知らせ下さい。原則、ボランティア講座となります。
総合テーマ「タイ北部のロングステイ・ショートステイについて~定年後の新たな過ごし方を考える~」
各論1 中山三照「ランナータイにおけるロングステイ・ショートステイの魅力」
各論2 浦  達雄「タイ北部の温泉とロングステイ」
f0084607_10154660.jpg

[PR]
# by spalove | 2015-04-22 10:10 | ニュース

新役員決定(2015年04月02日)

大阪観光大学在住のメンバーで、勝手に新役員を決定しました。
所詮、お遊びのサークルです。
中尾先生は、3月31日付で、勇退されました。

顧問:安達清治、土屋 渉、中尾 清
会長:浦達雄
副会長:住木俊之
副会長:高垣 聡
事務局長:森田浩司
事務局次長:佐藤 智子

森田氏は、4月1日に本学に着任された中堅の研究者です。
専門は、旅行事業論、温泉事業論などとなります。
[PR]
# by spalove | 2015-04-02 18:25 | ニュース

第4回別府八湯検定試験の結果(速報))(2014年08月09日)

第4回別府八湯検定の試験結果(速報)です。

本日、8月9日、無時、検定試験を実施しました。
受験者は、次の通りです。
別府37人、大阪1人、東京18人の合計56人です。
最高点は、それぞれ86点(2人)、58点、64点となります。
平均点は、62点、64点、40点です。

70点以上を獲得した方は12人(いずれも別府)です。
別府八湯準カリスマの称号(認定証)、そして記念のタオル、さらに粗品が進呈されます。

以上、速報です。
[PR]
# by spalove | 2014-08-09 18:51 | ニュース