浅間温泉(2007年1月6日)

1月5日から6日まで松本市浅間温泉に宿泊した。確か3年とか4年ぶりだと思う。
30数年前までは、旅館数が45軒を数えたが、最近では20数軒とか…。なぜ20数軒かというと、組合を脱退を希望する旅館があるからだ。
最近、旅館をやめて、福祉系の施設に方向転換をするケースが増えてきた。
浅間温泉の地域一番店は17億円の借金で倒産し、現在、星野リゾートが経営をしている。2軒の旅館を経営していたので、星野リゾートは一気に2軒の旅館を経営することになった。

URAは浅間温泉と関係して、すでに30数年…。相変わらず浅間山と浅間温泉を混同する観光客が多いとか。「山の浅間は軽井沢、風呂の浅間は松本市」と提案して、30数年…。団体客の減少で、名門のウエストンホテルも休業だという。団体志向の旅館は軒並み駄目だ。

これからは、和風の小規模旅館の時代と主張して、すでに10年近くになる。浅間温泉では、一部の小規模旅館も不振とか。
温泉地は一生に一度の観光地ではなく、何回も出かけるリゾートにすべきである。まずは四季ごとに温泉地へ出かけるシステムを構築すべきである。とくに温泉地サイドで、こうした考え方が少ない。そのためには、料理が大切だ。春・夏・秋・冬の料理をまずメニューとして開発しないといけない。つぎは環境の整備。桜とか紅葉を植えて、季節感を演出すべきである。(キョクチョウ)
[PR]
# by spalove | 2007-01-06 19:07 | メッセージ

地熱革命 ―温泉大国日本の地熱革命・温泉発電―

大阪観光大学観光学研究所 主任客員研究員 中山三照

今日、日本各地には、地熱発電所がいくつか設置されている。なぜなら、日本は世界有数の火山列島であることから、膨大なマグマによる巨大エネルギーが存在からである。地熱発電は、風力発電、水力発電と同様に純国産エネルギーとして十分に賄える大きな利点がある。しかしながら、開発コストが大きいため、地熱発電所の増設は中々進まないのが現状である。それゆえ、自治体レベルでも開発可能な、 「温泉発電」 を地熱発電普及の一環として推進するべきではないだろうか。すでに、実用化に踏み切った自治体も存在することから、温泉大国日本の 「地熱革命」 として、温泉発電は益々実用化が期待されるのである。今後、地方分権化と産学官の協力・連携がより円滑化されることにより、地域レベルにおける温泉発電の普及と拡大が大いに考えられよう。
[PR]
# by spalove | 2006-12-27 17:33 | メッセージ

アウトドア領域における温泉学の必要性

大阪観光大学観光学研究所 主任客員研究員 中山三照

最近、日本国内においても自然派志向のライフスタイルを求める人々が年々増え続けている。それゆえ、アウトドア関連の学科やコースを設置する学校 (専門学校やNPOなど) も見かけるようになった。アウトドア領域を深く学ぶためにも、今後、温泉学の内容を積極的に取り入れるべきであろう。なぜなら、アウトドアを気楽に楽しめる日本全国の里山には、近郊に温泉が湧き出ていることが多く見受けられるからである。それゆえ、温泉学をアウトドア領域の中に融合させることにより、いかに日本の国土が豊な自然環境と 「地熱資源」 に恵まれているかについて体系的に学ぶことができるのである。

温泉学は、今後、日本国内における自然派志向のライフスタイルを求める人々を拡大させる大きな鍵を握っているといえよう。
[PR]
# by spalove | 2006-12-13 19:02 | メッセージ

先端温泉療法発信拠点別府の可能性

大阪観光大学観光学研究所 主任客員研究員 中山三照

日本列島は国土の六割以上が森林面積で覆われている。更に、日本各地には、数多くの天然温泉が湧き出ている。しかしながら、これほど豊な自然環境に恵まれた日本列島について、世界へ満足な情報発信がされていないのが現状である。

ドイツには、環境都市として有名なフライブルクがある。様々な環境政策を推進することにより、いつしか 「観光」 よりも 「環境」 により世界中から人々が訪問する都市へと大きく変貌を遂げた。日本各地には、ドイツのフライブルク以上に、自然資源に恵まれた市町村が多数存在する。例えば、大分県の別府温泉などは、温泉療法の国際研究を目的とした 「国際専門医療機関」 などを設立することにより、「先端温泉療法発信拠点」 として変貌することができよう。このように、温泉という観点から学際的に展開することにより、日本列島が先端温泉療法発信拠点として、世界に飛躍できる可能性を十分に秘めているといえよう。
[PR]
# by spalove | 2006-12-06 18:16 | メッセージ

トレイルランと温泉活用における里山再生の大きな可能性

大阪観光大学観光学研究所 主任客員研究員 中山三照

トレイルランとは、登山道や林道などの自然地形 (小径) を駆け巡る意味を指す。最近、マラソンを心から愛する日本人の間でも、トレイルランが年々人気を集めている。私も先日、愛知県で開催されたトレイルランニングレースに出場したが、第一回開催にも関わらず、約4百数十名の男女ランナーが参加した。この大会の大きな特徴は、登山道や林道などの自然地形と一般道路をうまく兼ね合わせた柔軟なコース設定にある。更に、給水箇所も随所に設置されていたので、一般のマラソンランナーでも気軽に参加することができた。

今後、トレイルランは、マラソンの新しい自然派競技として日本全国に広がることが大いに期待されるが、トレイルラン終了後に温泉ヘ足を運ぶことができれば、格別の爽快感をレース参加者に与えてくれる。トレイルランニングレースを運営する上での問題は、レース終了後のシャワー施設などが大きく不足している点である。これは、一般的なマラソン大会にも共通していえる事柄である。しかしながら、トレイルランは登山道や林道で行うレースであるため、近郊に温泉が湧き出ていることが多く見受けられる。それゆえ、温泉と里山が随所にある地域は、トレイルランの大きな可能性を秘めた場所であるといえよう。トレイルランは、人が小径に入るために、必要最低限の登山道と林道整備が自然に進むので、必然的に里山再生にも繋がるのである。

トレイルランと温泉活用は、里山再生や過疎化地域活性化にも大きな可能性を秘めているといえよう。
[PR]
# by spalove | 2006-11-30 17:41 | メッセージ

「入門 おとなの温泉旅ドリル」の紹介

f0084607_13164854.jpgURAが少しだけ、関係した本の紹介です。
いちど、本屋で立ち読みをすすめます。





地球の歩き方 BOOKS
入門 おとなの温泉旅ドリル

地球の歩き方編集室
定価(税込):1050円
発行年月:2006年09月
判型:B5 造本:並製 頁数:96

泉好きの温泉知らず、にならないために。
全250問 これであなたも温泉博士!

このドリルの使用法。
①簡単な問題から難易度の高いものまで、16のジャンル各10問を設定。
②各ジャンルの1ページめは、そのジャンルのスペシャリストでもあるナビゲーターが10問を出題。
③2~3頁目は、その解答とナビゲーターによる解説。
④最終頁は、知っておくと役に立つ温泉ガイドを掲載。

※温泉通になるための奥義をぜひ極めて下さい。
※温泉博士は言いすぎで、温泉名人を目指して下さい。
  博士の途は遠い…。
※温泉名人と温泉道名人は違います。念のため…。
[PR]
# by spalove | 2006-09-18 13:15 | ニュース

社員又はアルバイトの募集(2006年08月29日)

緊急です。
温泉愛好会の顧問会がよく利用する泉佐野市犬鳴山温泉の和風旅館「み奈美亭」(みなみてい)では、フロント嬢を求人しております。
大阪観光大学観光学部生のOGが中心ですが、OBでもOKのようです。
詳細は、先方へ問い合わせてください。
あわせてアルバイトも募集しています。交通費別途、昼食込みとなります。
時給は要相談…。

1.勤務時間
 09時から17時まで
2.職種
 フロント係
3.条件
 大阪観光大学観光学部生・卒業生(フリーター)
 日本語がスムーズに話せる人
 おもてなしの心がわかる人
4.給料
 規程による。
5.問合せ先
 南専務 
 TEL 0724-59-7336〈代)   
 FAX 0724-59-7823     
 フリーダイヤル 0120-12-3731
 HP:http://www.minamitei.com/
 E-mail info@minamitei.com
6.その他
 仕事内容や条件などは、安達研究室、浦研究室へ問い合わせてください。
[PR]
# by spalove | 2006-08-29 20:23 | ニュース

温泉愛好会開催通知(2006年07月29日)

キョクチョウです。

温泉愛好会の顧問会を開催します。急な話しですが…。

日時:2006年07月30日(日)16時から17時まで
    その後、夕食会を開催します(場所は未定)。
場所:犬鳴山温泉・み奈美亭
内容:温泉入浴と放談会
[PR]
# by spalove | 2006-07-29 14:21 | メッセージ

期待される温泉地像(2006年05月21日)

キョクチョウです。(苦笑)

先日、某温泉協会の総会で講演の依頼があった。留守にしていたため、メールを見ていなかったので、急いで返送すると、翌日折り返し電話があって、テーマの決定となった。一瞬にして、浮かんだテーマが、「期待される温泉地像」。バックには、中教審(かな?)の「期待される人間像」があった。言葉を変えれば、温泉地に期待するものだと思う。

振り返れば、日本の温泉地は、観光地の代表選手だった。特に高度経済成長期においては、その実力を発揮し、熱海、伊東、別府など、温泉観光都市まで登場したのである。

しかし、安定経済成長期以降は、国民の観光志向の変化(海外旅行の伸張など)で、旧来型の温泉地の大半は、停滞又は衰退を余儀なくされたのである。

そんな訳で、我々は、現在、温泉地に何を期待すれば、良いのだろうか。

温泉地であれば、やはり温泉(湯)だと思う。この湯が、昨今、色々と問題を投げかけている。ニセモノ温泉とか、入浴剤混入温泉などである。
世の中、源泉かけ流しの温泉が一番だと言う風潮がある。これは、某温泉教授が流した風説だが、循環温泉は一体どこが悪いのか。むしろ清潔かもしれない。
温泉マニアの世界では、源泉かけ流し、しかもじか湧き温泉に興味を示すかもしれないが、普通のヒトは、それほどこだわりはない。

要するに、温泉の情報公開が大切である。何も隠す必要はない。正直に情報を発信すれば、良いと思う。
温泉分析書をみると、泉温とか、湧出量などを隠して非公開の温泉施設がある。素直に公開すれば、良いと思う。

湯の次は、湯(温泉)+αである。観光の意義には、色々とあるが、温泉地は、ヒーリング(癒し)に徹底すれば、良いと思う。環境、料理、温泉施設など、+αを通して、ストレス社会の方たちに対して、癒しの場が提供できれば、と思う。これぞ「新湯治」であって、温泉本来のあり方、原点に変えれば、良いと思う。

そこで、提案だが、共同湯に源泉かけ流し浴槽を設置することは可能だろうか。保健所の規制があって、難しいと聞いたが、温泉地活性化のために、ぜひ実現したいものである。
入浴客が殺到したら、困ると言う、意見もあるが、出来ないという発想ではなく、どうすれば、出来るかの精神が大切である。出来ない、出来ないでは、何の進歩もない。出来ないことを出来るようにしてこそ、夢を売る観光産業ではないだろうか。

さーて。
[PR]
# by spalove | 2006-05-21 10:34 | メッセージ

み奈美亭行き(2006年04月15日)

温泉愛好会の顧問会では、明日4月16日(日)16時頃、犬鳴山温泉の「み奈美亭」へ行きます。新学期初めての活動となります。まだ、桜が咲いていると思いますが、桜は露天風呂から見ることが出来ます。お暇な方は、どうぞ…(苦笑)。
入浴料金は800円。HPだと割引券が付いております。600円かな。我々は、特別料金での入浴となります。ここは、サウナが心地よいと思います。旧泉質名は重曹泉なので、美人の湯です。(キョクチョウ)
[PR]
# by spalove | 2006-04-15 22:54 | メッセージ