<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本温泉地域学会第22回研究発表大会(2013年10月22日)

日本温泉地域学会第22回研究発表大会も詳細が確定しました。
以下の通りです。
一般参加もOKです。
 
開催温泉地:大分県九重町長者原温泉郷星生(ホッショウ)温泉
開催日:平成25年11月17日(日)~18日(月)
発表会場:九重星生ホテル TEL.0973-79-3111
宿泊施設:九重星生ホテル TEL.0973-79-3111
懇親会場:同上
視察会集合:11月17日(日) 13時10分 JR久大本線由布院駅前
交通案内:
 福岡空港バス    10:14発~JR由布院駅11:58着
      (予約座席指定制) 11:04発~JR由布院駅12:48着
  大分空港バス 9:50発~JR由布院駅10:45着
            12:10発~JR由布院駅13:05着
  視察会:由布院駅 13:10発~会場17:30着
  帰りバス便:九重星生ホテル 15:00発~JR由布院駅15:50頃着
             由布院駅 16:20発~福岡空港18:00着
             由布院駅 16:30発~大分空港17:25着 
受付:
11月17日(日) 17:30~ 九重星生ホテル
11月18日(月)  8:30~ 九重星生ホテル
参加費:
 一般会員・賛助会員2,000円、学生会員1,000円
懇親会費:
5,000円(学生会員3,000円)。学会指定ホテルを利用する場合、懇親会費は宿泊費に含まれます。
宿泊費:
学会指定ホテルを利用する場合、懇親会費・朝食込みの1部屋2名利用で1人当たり料金は12,000円です。
昼食費:
18日の昼食は弁当のみです。予約が必要で、料金は1,000円です。
参加申込:
参加者は下記参加形態によって該当金額を郵便振替で学会事務局あてに11月5日(必着)までに送金してください。
郵便振替番号:00190-6-462149 名義:日本温泉地域学会

研究発表大会に参加される会員は、以下の参加形態によって郵便振替で学会事務局宛に相当金額を11月5日必着で前納してください。振込によって学会参加申し込みとします。
本年度年会費(賛助会員:3万円、一般会員:4,000円、学生会員2,000円)未納の方は、以下の金額に年会費をプラスして送金してください。また、研究発表大会非参加の会員で会費未納の方も送金をお願いいたします。
学会指定ホテル泊+昼食+学会参加:12,000+1,000+2,000=15,000円(学生:14,000円)
懇親会参加+昼食+学会参加: 5,000+1,000+2,000= 8,000円(学生:5,000円)
視察会・学会参加のみ: 2,000円(学生:1,000円)
郵便振替口座番号:00190-6-462149
加入者名:日本温泉地域学会

●日程
11月17日(日) 視察会、懇親会
13:10 JR由布院駅前集合 
13:10~17:00視察会:由布院~九重“夢”大吊橋~八丁原地熱発電所~筋湯温泉(打たせ湯体験)~寒の地獄温泉~星生温泉
17:00 九重星生ホテルで宿泊・懇親会の受付。2名1室:12,000円
18:30 懇親会。懇親会のみ参加:5,000円(学生3,000円)
11月18日(月) 研究発表大会(九重星生ホテル)
8:30 受付(会場:星生温泉ホテル)
9:00~10:00 研究発表
10:00~10:10 休憩
10:10~11:10 研究発表
11:10~11:20 休憩
11:20~12:00 基調講演
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:30 シンポジウム

研究発表大会プログラム
11月18日(月)
自由論題 発表時間:20分(発表15分、質疑5分)
座長:池永正人(長崎国際大)
9:00~9:20  宇田川大介(東海大院):温泉地における地域資源の活用とその考察-神奈川県秦野市鶴巻温泉を例に-
9:20~9:40  新田時也(東海大)・杉田みつ子(天草きのこファーム)・上原一晃(上天草市役所):「スタンプラリー・湯らり天草温泉めぐり」にみる天草の温泉と食を活用した観光振興の取り組について
9:40~10:00 浦達雄(大阪観光大):温泉観光実践士養成講座の意義
10:00~10:10 休憩
座長:中山昭則(別府大)
10:10~10:30 井上晶子(立教大研):加賀温泉郷にみる温泉地再生
10:30~10:50 内田彩(大阪観光大):加賀温泉郷における総湯を中心としたまちづくりについて
10:50~11:10 杉森賢司・中村真樹(東邦大):温泉は生物資源の宝庫である
11:10~11:20 休憩
11:20~12:00 基調講演:由佐悠紀 (京都大名誉教授)
「おんせん県おおいた」の温泉資源とその活用
12:00~13:00 昼休み
シンポジウム
13:00~14:30 シンポジウム:「大分県の温泉利用とヘルスツーリズム」
コーディネーター:浜田眞之(国際温泉研究院代表)
パネリスト:斉藤雅樹(大分県産業科学技術センター主幹研究員)
        :滝口定義(大分県西部振興局長)
        :林 寿徳(竹田市商工観光課長)
[PR]
by spalove | 2013-10-22 23:20 | ニュース