<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

エコバック(別府八湯温泉道名人)(2009年05月29日)

f0084607_10303858.jpg
2008年11月23日、サロン岸で行った別府八湯名人会主催の講話の際、記念のエコバックを参加者に差し上げました。
講話のテーマは「別府温泉の歴史と文化」「別府八湯温泉道の意義」です。
20数人の参加者の方たちに差し上げたのですが、一部の方から希望者が出てきて、今回、急遽、限定10袋を作成することにしました。
写真のように、ロゴは「別府八湯温泉道名人20080808」とします。実は「名人会」としたいのですが、名人会に対する抵抗勢力が大勢いますので、やはり「会」は省力します。20080808に大きな意味があると思います。名人会の公式の立ち上げの日となるからです。
一応、名人会のコモンという立場にいますので、出来る範囲で協力をするつもりです。特製エコバックは700円相当で、妙見温泉の「味の宿どさんこ」の主人である只野氏にいまから作成を依頼します。在庫があれば、すぐに出来ると思いますが…。
先回は30袋作成して、残りの3ー4袋は「茶房たかさき」で500円の有料販売をしました。今回は、別府八湯温泉道名人で、予め希望した方、その他では温泉観光実践士講座に参加した方々に謹呈する予定です。ただし、予算(自分の小遣い)の関係で10袋のみですので、先着登録9人までとします。あとの1袋はURAが保管します。
(温泉愛好会事務キョクチョウ)
[PR]
by spalove | 2009-05-29 10:30 | メッセージ

犬鳴山温泉の様子(2009年05月15日)

泉佐野市には、大阪府唯一の温泉集落を形成する犬鳴山(いぬなきさん)温泉があります。
犬鳴山は、古くから修験道の山として知られ、現在でも、犬鳴山七宝瀧寺があります。修験者の数は250人とも言われ、全国にいるようです。HPは、http://www.inunakisan.com/
昔から、薬湯としての温泉(当時は冷泉)が沸いており、信者がこれをありがたく頂いたという伝説が残されております。
犬鳴山温泉の近代的な歴史は、1959年の温泉掘削からはじまります。

(1)歴史
以下、簡単な歴史です。
犬鳴山七宝瀧寺(しっぽうりゅうじ)の門前町として成立。
戦前には、現在の参道沿いに茶店出現(後に旅館となる)
1959年温泉掘削
その後、大阪の奥座敷として機能。
宿泊以外に日帰り客が目立つ。高度経済成長期は繊維産業の繁栄で、接待客が多かったとか…。
現在は、ハイキング客、川遊びの家族客などが多い。
(2)現在の旅館
温泉荘、犬鳴山グランドホテル紀泉閣、み奈美亭、不動口館。
※以前は坂六と言う旅館もあった。
(3)日帰り温泉施設
山乃湯(温泉荘の外湯)、犬鳴温泉センター。
(4)泉質
ナトリウム-炭酸水素塩泉(純重曹泉)
(5)適応症
肩こり、神経痛、冷え性、疲労回復
(6)源泉
1本と言われたが、全体で3本という説も…。詳細は不明。
(7)環境
4月は桜、6月は蛍、夏は川遊びなど自然が満喫出来ます。大阪では珍しく秘境の匂いのする温泉地です。
犬鳴山七宝龍寺までは、温泉集落から渓流を徒歩で60分ほど登ると、着きます。途中、滝や沢があって、楽しいと思います。お寺までは、別の道を行くと、乗用車で行くことが出来ます。
(8)備考
いずれにしても、泉温は16度程度で、ちょろちょろの湧出とのこと。
しかし、泉質はすばらしく、温泉マニア推奨です。理想は源泉を活用した浴槽だが、湧出量からみると、これは無理みたい。
f0084607_14215729.jpg
み奈美亭の露天風呂の桜
f0084607_1423893.jpg

犬鳴温泉センター玄関先の桜
[PR]
by spalove | 2009-05-15 14:06 | メッセージ

ガンに効く温泉(2009年05月15日)

2009年05月14日、熊取町異業種交流会で「温泉地理学入門」の話しをした際、「ガンに効く温泉」のことを聞かれました。
具体的には、玉川温泉(秋田県)とローソク温泉(岐阜県)です。
いずれも、テレビ東京系の番組で放送されたとのことで、興味のある方は、皆さん、知っていたみたいです。
当方は、玉川温泉は有名なので、知っていましたが、ローソク温泉は知りませんでした。
従いまして、忘備録のつもりで、以下のデータを掲載します。

湯之島ラヂウム鉱泉保養所(ローソク温泉)
http://domestic.travel.yahoo.co.jp/tif/onsen/tifodetail/a6/noSP500740
住所:〒501-6122 中津川市高山2200-2
TEL:0573-72-5047
泉質:放射能泉(単純放射能冷鉱泉)
適応症: 神経痛、リウマチ、関節炎など
源泉数: 2
泉泉:13-15℃
湯量 : 3リットル/分
飲用 : 可
料金:日帰り1,000円 、宿泊10,000円
営業時間:午前9時30分~午後3時まで
定休日:毎月1日・21日
備考:混み具合で12時頃に受付が閉まる場合があります。

一般的な湯治宿の主人の話しでは、以下の会話があります。
お客「この温泉に入ると、本当に病気や怪我が治るのか」
主人「治りたいという気落ちがないと、効果はないですよ」
お客「…」
要するに、他力本願ではなく、自分で治したいという強い精神力がないと、いくら優れた湯治場でも、治癒は無理なようです。「治したい」「治りたい」という気持ちが脳を刺激して、その結果、快方に向かうケースが多いみたいです。
(温泉愛好会事務キョクチョウ)
[PR]
by spalove | 2009-05-15 10:31 | メッセージ

お薦めの宿「和倉温泉花ごよみ」(2009年05月13日)

小規模な和風旅館「花ごよみ」(和倉温泉)を紹介します。
HP:http://www.panasys.net/hanagoyomi/

推薦者の一言:客室10室の個宿です。温泉集落の中央に位置し、交通は便利です。
「温泉愛好会のHPをみた」といえば、一品サービスがあるかも…。
f0084607_17511527.jpg


(1)旅館の歩み
1962年:きたむら旅荘として創業。客室は6室。
1989年:花ごよみ(新築)。花をモチーフにして古臭いイメージから脱皮。
2003年:貸切風呂の制度導入。1時間1,000円。
2007年:3月25日。能登半島地震。休業せず。
2007年:3室改装。

(2)客室と付帯施設
①建物:鉄骨3階建、現代和風の建物
②面積:敷地面積429㎡、延床面積740㎡
④客室:客室10室(和室)、収容人員45人。
⑤付帯施設:売店・ラウンジ(昼は喫茶店)・宴会場1室(35畳間)。
⑥温泉施設:男女別浴場。源泉掛け流し。

(3)1人当たりの宿泊料金(1泊2食。2人で1部屋利用)
①平日の宿泊料金
オ フ:7,350円、9,450円、1万1,550円
ピーク:9,450円、1万1,550円、1万3,650円
②平日の標準料金
オ フ:9,450円
ピーク:1万1,550円
③週末料金
オ フ:1万1,550円、1万3,650円、1万5,750円
ピーク:1万3,650円、1万5,750円、1万7,850円
④週末の標準料金
オ フ:1万3,650円
ピーク:1万5,750円

オフ期:1月4日~4月25日、5月6日~7月18日、8月24日~9月30日、11月24日~12月30日
ピーク期 :月19日~8月8日、8月17日~8月23日、10月1日~11月23日
特定日:4月26日~5月5日、8月9日~8月16日、12月31日~1月3日

(3)料理とセールスポイント
①会席料理:海鮮会席料理。地の食材を活用した料理。部屋だし。
②名物料理:各種アワビ料理。キーワードは新鮮・手作り・ボリューム感・値頃感。
③セールスポイント:オーナーシェフによる手づくり料理。明確な料金体系(梅竹松)。
④経営方針:小さな旅館の大きなサービス。各種サービスでは、夕食時のソフトドリンク又は地酒の1本サービス、ラウンジでのカラオケ無料サービス、総湯の入浴券プレゼント、自館売店商品の1割引サービスなど。
[PR]
by spalove | 2009-05-13 18:02 | メッセージ

温泉観光実践士の昼食(2009年05月11日)

2009年7月11日と12日に開催する「温泉観光実践士」の昼食の件です。
この講座は有料講座で、大阪観光大学の構内で実施します。詳細は、次のHPをご覧下さい。http://www2.meijo.ac.jp/mei-ura/kouza090711.html

ところで、週末の学食は閉鎖しており、学食での昼食は出来ません。
したがいまして、受講当日の昼食は、大学紹介の弁当をお薦めします。税込1000円での販売です。
最寄り駅のJR日根野駅前には、セブンイレブン、そして、大学への徒歩での途中(駅から5分程度)でジャスコがあります。
そちらで、弁当を買うことは可能ですが、夏ですので、大学紹介の弁当をお薦めします。旅館の弁当になる予定です。
当日、受付での追加注文も可能です。飲み物の自販機は大学構内にあります。

なお、大学界隈は住宅地で、食堂はありません。
近くに(徒歩10分程度)「イーグルス」という軽食店があり、750円程度で日替わり定食(限定20食程度)が食べられますが、日曜日は閉店です。

日根野駅から大学まで徒歩では約20分、タクシーでは660円の基本料金で到着します。乗車は5分程度です。
前泊・後泊のおすすめは、JR日根野駅前の「日根野ステーションホテル」です。観光大学料金がありますので、予約の際に申し出て下さい。
犬鳴山温泉の「み奈美亭」「犬鳴グランドホテル紀泉閣」も宿泊が可能です。メールを戴ければ、当方が交渉します。前者は1万500円、後者は1万2600円程度(いずれも、そのほかに入湯税が150円)で宿泊が出来ます。ただし、2人からとなります。
t-ura@tourism.ac.jp(浦達雄)
[PR]
by spalove | 2009-05-11 22:58 | ニュース