<   2009年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本温泉地域学会第13回大会・総会の案内(2009年04月26日)

日本温泉地域学会・第13回研究発表大会・総会の案内です。

以下、公式HPからの引用です。

開催温泉地: 石川県加賀市山中温泉
協賛: 加賀市・山中温泉観光協会・山中温泉旅館組合
開催日: 平成21年05月24日(日)~25日(月)
発表会場: 山中温泉文化会館 TEL 0761-78-3311
宿泊施設: お花見久兵衛 TEL 0761-78-1301
懇親会場: 同上
視察会集合: 05月24日(日)13:00 JR北陸本線・加賀温泉駅
受付: 05月24日(日)17:30~ お花見久兵衛
    05月25日(月) 8:30~ 山中温泉文化会館
参加費: 一般会員・賛助会員2,000円、学生会員1,000円
懇親会費: 会費5,000円(学生3,000円)。学会指定宿泊施設を利用する場合、懇親会費は宿泊費に含まれます。
宿泊費:学会指定宿泊施設を利用する場合、懇親会費・朝食込みの1部屋4人利用の1人当たり料金は1万2,000円、1部屋2人利用の場合は1万5,000円です。
交通案内:JR 北陸本線加賀温泉駅下車、駅前から加賀温泉バスが山中温泉まで運行しています。所要約 30 分、料金 410 円です。加賀温泉駅までは、東京からJR 利用の場合、東海道新幹線・米原経由と上越新幹線・越後湯沢から北越急行経由のルートがあります。シンポジウム終了後、加賀温泉駅までは送ります。

大会スケジュール
●2009年05月24日(日)
13:00~16:00 視察会(無料) 加賀温泉駅~山中漆器伝統産業会館~山中温泉菊の湯・山中座~ゆげ街道町並み保存地区~鶴仙渓~芭蕉堂~医王寺~宿泊施設
18:00~19:30 懇親会
●2009年05月25日(月)
09:00~11:00 研究発表
11:00~12:00 昼休み(理事会)
12:00~12:30 総会
12:30~14:00 シンポジウム 「山中温泉における共同湯を核とした町並み整備」

研究発表大会・総会プログラム
●2009年05 月 25 日 ( 月 )
自由論題 発表時間 :20 分 ( 発表 15 分、質疑 5 分 )
座長 : 新田時也 ( 東海大 )
09:00~09:20 陳 晶 ( フェリス女学院大 ): 訪日中国人の温泉志向の変化
09:20~09:40 浦 達雄 ( 大阪観光大 ): 和倉温泉における小規模旅館の動向
09:40~10:00 山田 等 ( 聖徳大 ): 温泉地におけるマンパワーの育成と活用に関する一考察-高齢社会における保養・療養の場合-
10:00~10:20 休憩
座長 : 長島秀行 ( 東京理科大 )
10:20~10:40 新田時也 ( 東海大 ): 温泉と鮎とタケノコの里-興津川流域の地域おこしの事例-*
10:40~11:00 古田靖志 ( 岐阜県先端科学技術体験センター ): 温泉に関する天然記念物等の現状と保護について
11:00~12:00 昼休み ( 理事会 )
12:00~12:30 総会
シンポジウム
12:30~14:00 「山中温泉における共同湯を核とした町並み整備」
コーディネーター : 石川 理夫 ( 温泉評論家・日本温泉地域学会副会長 )
パネリスト:上口 昌徳 ( 山中温泉観光協会長・かよう亭代表取締役 )
       :桜井比呂之 ( 山中商工会副会長・萬吉屋会長 )
       :鹿野 恭弘 ( 医王寺住職 )
       :吉本加代子 ( お花見久兵衛代表取締役 )

米大会参加申し込み方法 
研究発表大会に参加される会員は、下記*の参加形態によって郵便振替で学会事務局宛に相当金額を5月10日必着で前納してください。振込によって学会参加申し込みとします。
また、平成21年度年会費(賛助会員:3万円、一般会員:4,000円、学生会員2,000円〉も振替用紙によって、次の金額にプラスして送金してください。研究発表大会非参加の会員も年会費の送金をお願いいたします。

*学会指定宿泊施設+学会参加: 12000+2000=14000円 (1部屋2人利用17,000円)
懇親会参加+学会参加: 5000+2,000=7,000円 (学生:4,000円)
視察会・学会参加のみ: 2,000円 (学生:1,000円)
振替口座番号: 00190-6-462149 加入者名:日本温泉地域学会





 
[PR]
by spalove | 2009-04-26 21:01 | ニュース

温泉観光実践士(2009年04月15日)(05月11日修正)

速報です。
「温泉観光実践士」(大阪観光大学観光学研究所主催)の有料講座を行います。
以下、月日と場所などです。
月  日:7月11日(土)と12日(日)両日
場  所:大阪観光大学(JR日根野駅下車、徒歩20分)
趣  旨:温泉の正しい理解と温泉観光によるまちづくりを実践する人材を育成する。
科  目:温泉の歴史、温泉と文学、温泉地の活性化、温泉分析書の見方・読み方、温泉の成分と効果、温泉と健康、関西の温泉地、等9科目。
講  師:4人(観光学研究所の研究員と客員研究員)。4人は大阪を代表する温泉の研究者として知られる。
受講料:宿泊の場合(指定の旅館に1泊2食で宿泊)1.5万円、日帰りの場合は0.5万円。
宿泊先:み奈美亭(泉佐野市犬鳴山温泉)
その他:受講修了者には、「温泉観光実践士」認定書を授与する。

(大阪観光大学温泉愛好会事務キョクチョウ)
[PR]
by spalove | 2009-04-15 21:11 | ニュース