<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

犬鳴山温泉の観光客数(2008年10月31日)

最近、泉佐野市犬鳴山温泉の観光客数は何人かということが話題となった。答えは誰も知らない。温泉地だから、入湯税から統計をとれば、一番簡単だが、実は、ここは2008年3月まで入湯税のシステムは存在しなかった。頓挫した大型大型施設が開業する際に、大あわてで、入湯税の導入となった。
入湯税は、日帰り75円、宿泊150円が一般的だが、ここは知らない。普通は修学旅行生は無税である。

そこで、某専務に質問したところ、やはり正解はなし。
犬鳴山温泉には、宿泊施設4軒、日帰り温泉施設2軒がある。その他に茶店とか食堂とかはそれぞれ1軒あるが…。
宿泊施設の収容人員はトータルで250人程度らしい。ということは、年間で9万1250人の宿泊が可能だ。稼働率を40%とすると、3万6500人となる。この程度かもしれない。

み奈美亭の場合は、宿泊客は、月600人で、年間では7200人となる。概数だが…。
日帰り客(宴会、日帰り入湯など)は月1200人で、年間では1万4400人…。
合計で、2万1600人が利用客となる。

犬鳴山温泉の観光客は、以下に分類できよう。
宿泊客と日帰り客。
日帰り客は、
さらに
日帰り宴会客(主に旅館を利用)
日帰り入湯客(旅館、日帰り温泉施設を利用)
川遊び(主に夏)(大半が温泉入浴をする)
ハイキング・登山(大半が温泉入浴をする)
ドライブ(少しは温泉入浴をする)
七宝滝寺の参拝客(少しは温泉入浴をする)

そうなると、観光客は
宿泊客:3万人
日帰り客:6万人
合計で9万人から10万人程度かな。
(ここでは、七宝滝寺への直接の参拝客は含めず)

以上、推測です。

(大阪観光大学温泉愛好会事務キョクチョウ)
[PR]
by spalove | 2008-10-31 11:35 | メッセージ