<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

温泉の成分総計と温泉の素(2007年06月16)

温泉の成分総計と温泉の素

世の中、温泉の素が氾濫している。100円ショップでも購入が可能で、実際の効果はどうなんだろうか。
ここでは、温泉に含まれる成分総計と温泉の素の関係について考えてみた。

温泉分析書には必ず源泉の成分総計が記載されている。
成分総計とは、源泉1キログラム中に含まれる成分の総計である。単位はミリグラムで表現。
例えば、泉佐野市犬鳴山温泉の源泉である犬鳴1号の温泉分析書をみると、成分総計は1395ミリグラム。
これを家庭の浴槽(200リットル)で温泉の素(25グラム)を入れた場合で換算してみよう。
その換算方法は、
源泉成分総計(グラム)×家庭浴槽200キログラム(200リットル)÷温泉の素25グラム=温泉の素(何袋分)
となる。
ただし、1000ミリグラム=1グラム、1リットル=1キログラム。

つまり、「源泉成分総計(グラム)×8=温泉の元(何袋分)」となる。

犬鳴1号の源泉は、1.395×8=11.16袋。

しかし、これは源泉に対する計算であって、加水が行われている場合は、当然成分は薄れるので、源泉のような訳にはいかない。

とはいえ、源泉に水道水を加水しすぎると、水道代が高くつくので、犬鳴山温泉は、URAの計算では、温泉の素5袋分が浴室に入っている計算となる。

(大阪観光大学温泉愛好会事務キョクチョウ)
[PR]
by spalove | 2007-06-16 14:35 | メッセージ

温泉取材(2007年06月14日)

本日、お昼休みに某大新聞社社会部の記者から電話取材がありました。大阪市内の温泉のことを調べているようです。質問内容は一貫性の無いもので、大雑把な取材でした。

それに対して、こっちが答えたキーワードは、次のとおりです。
適応症(×効能)、泉温、湧出量、成分、SPA、銭湯、回転寿司と割烹寿司

ちなみに温泉の3要素とは、泉温、溶解成分、湧出量となります。

温泉は、本来、自然湧出でしたが、明治中期以降、人工掘削が進んで、現在、自然湧出の温泉は本当に少ないです。
近年流行の大都市の温泉は、大抵が人工掘削、しかも大深度温泉で、湧出量が少なく、低温度となります。

大阪市内の温泉は大深度温泉が主体で、確かに源泉は天然温泉ですが、浴槽となると人工温泉となります。湯量が少ないし、温度が低いからです。したがって、いわゆる循環温泉となり、衛生管理上、塩素が投入されています。温泉施設の中には、月に1度しか温泉を入れ替えないところもあると、聞きましたので、清潔好きな人は、浴槽で顔を洗わない方が良いかも…(未完)。

(大阪観光大学温泉愛好会事務キョクチョウ)
[PR]
by spalove | 2007-06-14 14:45 | メッセージ

日本温泉地域学会第9回大会の案内(2007年06月13日)

日本温泉地域学会第9回大会・研究発表会の案内です。
(公式HPからの引用です)
第9回大会・総会
開催温泉地:山形県山形市蔵王温泉
協 賛:蔵王温泉旅館組合
後 援:山形県温泉協会
開催日:平成19年7月2日(月)~3日(火)
発表会場:山形市蔵王体育館 TEL.023-694-9876
宿泊施設:蔵王温泉「つるやホテル」TEL.023-694-9112
懇親会場:同上
視察会集合:7月2日(月)12:10 JR山形駅西口
       (つるやホテル・マイクロバス乗車)
受 付:7月2日(月)18:00~18:30 つるやホテルロビー
     7月3日(火) 8:00~   蔵王体育館会議室

大会スケジュール
●7月2日(月) 12:10~18:00 視察会(無料)
山形駅西口~黒沢さくらんぼ農園~蔵王エコーラインお釜~蔵王温泉街視察(源泉・共同浴場・町並み・露天風呂など)~つるやホテル(宿泊・懇親会場)
18:00~19:00 休憩
19:00~20:30 懇親会
●7月3日(火) 8:30~11:30 自由論題研究発表
11:30~12:30 理事会・昼休み
12:30~13:00 総会
13:00~13:20 基調講演(蔵王の自然と温泉)
13:30~15:00 シンポジウム(蔵王温泉の活性化)

(大阪観光大学温泉愛好会事務キョクチョウ)
[PR]
by spalove | 2007-06-13 22:49 | ニュース