カテゴリ:メッセージ( 45 )

珠洲温泉銭湯道の対象施設(2013年06月05日

以下、珠洲温泉銭湯道の対象施設です。
2013年6月14日現在ですが、今後、増減の可能性があります。
06月26日、露天風呂の日を意識して、スタートします。

1.灯りの宿まつだ荘(☎0768-82-1117)「料理民宿」
〒927-1214 珠洲市飯田町26-42-1
料金:4,410円(素泊まり)、7,350円(1泊2食)~。
営業時間:原則、月曜日が休館日。
特色:貸切風呂にもできる麦飯石の檜風呂が楽しめる。

2.飯田わくわく広場足湯(☎0768-82-7890)「足湯」 (温泉)(水曜日は係り不在)
〒927-1214  珠洲市飯田町16-21-1
料金:無料。
営業時間:9時~18時(定休日は年始年末)。(水曜日は係り不在)
特色:奥能登最果ての温泉足湯が楽しめる。

3.恵比寿湯(☎0768-82-0402)「銭湯」
〒927-1206 珠洲市正院町正院19部45番地2
料金:大人420円、子供130円。
営業時間:14時~19時(営業日は火・木・日)。
特色:恵比寿さんが鎮座するレトロな銭湯が楽しめる。

4.海浜あみだ湯(☎0768-82-6275)「銭湯」
〒927-1213 珠洲市野々江町ナ5-3
料金:大人420円、子供130円。
営業時間:14 時30分~22時30分(無休)。
特色:気泡湯、日替わり湯(薬湯)、サウナなどが楽しめる。

5.すずの湯(☎0768-82-3726)「スーパー銭湯」(温泉)
〒927-1204 珠洲市蛸島町鉢ヶ崎36-4
料金:大人1,100円、子供500円。
営業時間:11時~22時(定休日は火曜日)。
特色:岩盤浴、マッサージ、食事などが楽しめる。

6.宝湯(☎0768-84-1211)「銭湯」 (温泉)
〒927-1222 珠洲市宝立町鵜飼2-16-1
料金:420円、子供130円。
営業時間:15時~22時(営業日は月・火・金・土)。
特色:奥能登最果てに位置する老舗の温泉銭湯が楽しめる。

7.能登観光ホテル(☎0768-32-0406)「料理旅館」
〒927-1326 珠洲市真浦町カ−6−1
料金:1万3,650円(1泊2食)~。
営業時間:原則、休館日はなし。
特色:「わたふじの湯」(地元の薬草)が楽しめる。

8.のとじ荘(☎0768-84-1621)「国民宿舎」(温泉)
〒927-1222 珠洲市宝立町鵜飼1-30-1
料金:大人500円、子供250円。
営業時間:12時~20時30分(GW等は~16時)。
特色:見附島を望む弘法の湯が楽しめる。

9.狼煙館(☎0768-86-2021)「漁師の宿」 (温泉)
〒927-1441 珠洲市狼煙町ヲ−9
料金:1万650円~1万5,900円(1泊2食)。 
営業時間:休館日は不定期。
特色:禄剛崎温泉の湯元が楽しめる。
[PR]
by spalove | 2013-06-05 10:28 | メッセージ

別府八湯検定試験の共催・後援(2012年05月30日)

別府八湯検定試験の主催は別府八湯検定実行委員会で、実行委員長は、土谷雄一別府八湯温泉道名人会・会長となります。
共催として、今年の第2回目から別府市旅館ホテル組合連合会が加わりました。
後援として、ひょうたん温泉、ホテルさわやかハートピア明礬、夢たまて筥が加わり、成績上位者に対して、入湯招待券の進呈が行われます。
なお、別府市からは、「市長賞」(賞状)が出ます。100点満点の方全員と、該当者無しの場合は、成績トップの方1名となります。

(1)主催
別府八湯検定実行委員会

(2)共催(順不同)
別府八湯温泉道名人会
別府八湯温泉道実行委員会
大阪観光大学温泉愛好会
別府市旅館ホテル組合連合会

(3)後援(順不同)
別府市
別府市観光協会
クリエイツ.
野上本館
大阪観光大学観光学研究所
茶房たかさき
CILゆぴあ
ひょうたん温泉
ホテルさわやかハートピア明礬
夢たまて筥
[PR]
by spalove | 2012-05-30 09:17 | メッセージ

三島由紀夫の新婚旅行(2012年05月10日)

これは、忘備録です。何度もアップすることで、覚えます(苦笑)。

f0084607_1512864.jpg1958(昭和33)年6月1日、三島由紀夫は、川端康成夫妻の媒酌により杉山瑤子と結婚。その後、新婚旅行として箱根、熱海、京都、大阪、別府、博多へ行く。
6月1日は箱根富士屋ホテルに泊まり、熱海では起雲閣、その後、京都、大阪を経由して、関西汽船で別府へ。別府では、杉乃井館に宿泊。地獄めぐりを楽しんだと言われている。
某HPで6月1日、富士屋ホテルでのスナップがありましたので、ここで勝手に掲載します。
[PR]
by spalove | 2012-05-10 14:36 | メッセージ

別府八湯温泉道(いわき湯本温泉編)(2011年09月25日)

2011年09月23日(金・祝日)
別府八湯温泉道で、いわき湯本温泉へ行きました。
以下、簡単な記録です。
「ひたち往復切符」利用。グリーン券14,300円。(普通車は11,300円)

行きは上野駅発09時、湯本駅着11時27分。
最初の湯島屋までは駅前からタクシーを利用。乗車は10分程度、確か690円。その後は徒歩。
昼飯はカットしました。

(1)湯島屋、11時45分入湯。500円。旅館が日帰り温泉を経営していた。祭日と週末が10時から営業なので、ここをまず選んだ。さらに一番遠いと思ったので…。

(2)こいと旅館、12時05分入湯。800円。近いと言われ、御斉所街道を歩いたが、10分は歩いた。車が多い。ここの旅館の女将は名物女将らしい。内湯と露天風呂があった。

(3)スミレ館、12時20分入湯。500円。ビジネスホテルで、確か5階の展望風呂だった。温泉神社の前にあった。震災がらみの工事関係の宿泊が多いとか。

(4)さはこの湯、12時50分入湯。220円。人が多い。公営。浴槽は岩風呂だが、狭い。震災で、外装を工事していた。ほかの温泉旅館は14時以降の入湯が多いので、下見をしながら、駅まで歩いた。

(5)みゆきの湯、13時10分入湯。220円。人が多い。公営。

(6)いずみや、13時30分入湯。500円。昔ながらの温泉旅館。お風呂は2階にあって、露天風呂はなし。やはり工事関係者の宿泊が多い。

(7)遊湯亭、14時入湯。500円。割烹旅館。やはり工事関係者の宿泊が多いらしい。
内湯の露天風呂。露天風呂はお湯なし。

(8)松柏館、14時20分入湯。600円。4階の展望風呂。露天風呂はない。江戸時代創業で、格式があった。温泉道では2人目と言われた。ここで身体を洗った。
工事関係者と避難の方が宿泊中とか。避難の方は、本日は先祖の墓参りで外出中らしい。

(9)ホテル斎菊、15時入湯。500円。内湯と小さな露天風呂。露天風呂はお湯なし。
フロントの女の子がスタンプの意味が不明で、社長を呼び出したので、名刺交換をした。一応、今後の取材決定。10年前に新築し、建物は綺麗だった。主人は5代目で、湯本では一番の老舗らしい。やはり工事関係者の宿泊が中心で、観光客はほとんど宿泊しないらしい。

15時40分に旅館を出て、駅の近くの旅館組合の事務所に寄った。現在、加盟数は28軒で、その内、震災がらみで2軒が休業中とか。
温泉道関係者の入湯は、ほとんどの施設で数名と言われたが、松柏館では2人目と言われた。したがって、ほとんどの人が行っていないみたいだ。東京・神奈川・埼玉で、名人は200人を数えると思うので、ぜひ出かけてほしいと思った。
震災以来、観光客の宿泊は少なく、特に団体や宴会が皆無らしい。工事関係者でつないでいるとか。
各温泉施設に別府八湯温泉道名人会の記念箸をおいて、別府から激励に来たと告げると、皆さん喜んで下さった。

帰りは湯本発16時22分、上野駅着18時35分。
[PR]
by spalove | 2011-09-25 00:42 | メッセージ

別府華ホテル 観光王と娘の夢(2011年07月08日)

f0084607_17334345.jpg不覚にも知りませんでした。
さっそく、アマゾンで注文しました。定価より安く購入できますね。
油屋熊八に関する小説は多いが、最近のものは少ないので、内容が楽しみです。

書名:別府華ホテル 観光王と娘の夢
著者:佐和みずえ
出版社名 :石風社
発行年月:2006年11月
サイズ:336頁、19cm
販売価格 :1,575円
本の内容:
温泉マークの発明、地獄めぐりの開発、観光バスガイドの創設、九州横断道路の提唱、はては富士山頂に「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」の標柱を立て、日本一の泉都、別府の礎を築いた油屋熊八。奇抜なアイディアと規格外の行動力で大正、昭和を駆け抜けた観光王の活躍を、架空の娘を配し描いた書き下ろし長編小説。
[PR]
by spalove | 2011-07-08 17:33 | メッセージ

別府八湯の源泉数(2010年12月11日)

大分県東部保健所報によると、別府八湯の温泉統計は以下の通りです。
2010(平成22)年3月31日現在となります。
一時期、源泉数3,000、湧出量13万キロリットルと言われましたが、もう過去のことですね。
お互いに注意しましょう。

源泉総数:2,508

利用源泉数:2,333
自噴:442
動力:1,891

未利用源泉数:145
自噴:95
動力:80

温度別源泉数:2,058
25℃未満:-
25℃以上~42℃未満:148
42℃以上:2,061
噴気:299

湧出量ℓ/m:87,616
自噴:18,948
動力:68,668
[PR]
by spalove | 2010-12-11 14:00 | メッセージ

中国のHP「天涯問答」(2010年10月30日)

中国の温泉通の投稿です。

中国のHP「天涯問答」(http://wenda.tianya.cn/wenda)は、ウィキペディアに似たサイトである。今回、中国四大温泉とは何か、と言う質問に対して、回答件数はただの5件。その中に3件の回答が同じで、2件が違う回答だった。これの信用度はあまりないとか。
例えば、中国国土資源鉱産資源部が2003年から主催した「中国温泉之郷」の選定に対して、「温泉之郷」「温泉之都」「温泉之城」「地熱城」などが登場した。さらには、「中国御温泉之都」「全国温泉開発利用モテル区」の呼び方もあるとか。
「中国温泉在線」と言う会社は、ネットを利用して、「中国温泉朝聖地」を選定する活動をやっている。全国の温泉テーマパークから16軒を選んで、ネット上に投票をもらうサイトでは、雲南省の火山熱海温泉リゾートがトップになった。
2010年10月20日から中国のネットテレビを通じて、「中国十大温泉度暇区」の選定もそろそろ始まるようだ。
[PR]
by spalove | 2010-10-30 21:34 | メッセージ

中国著名4大温泉(2010年10月29日)

北京の小湯山温泉の研究をすすめたら、「中国著名4大温泉」という言葉が登場した。困ってしまって、中国の研究者へ問い合わせたところ、以下の回答があった。

ところで、小湯山だが、日本名は何と呼ぶのか?
「ことうさん」「しょうとうさん」。どっちかな。当方は前者だと思ったが、どうも後者みたいだ。

中国では、“四大”をよく使うようで、その例として、四大美女とかがあるとか。
インターネットの検索によると、
南京汤山温泉(江蘇省)、鞍山汤子岗温泉(遼寧省)、北京小汤山温泉、宁海南溪温泉(浙江省)
あるいは
南京汤山温泉、黄山醉温泉(安徽省)、北京小汤山、宁海南溪温泉
とあるとか。
彼のコメントでは、あまり信用しないほうがいい、とのこと。

これだと、南京汤山温泉、北京小汤山温泉、宁海南溪温泉まではOKかな。
これに、鞍山汤子岗温泉、黄山醉温泉が続くようだ。

日本の3大稲荷とか、3大何とかと同じで、最後が一番怪しいかも…。
果たして、正解は?
[PR]
by spalove | 2010-10-29 19:51 | メッセージ

別府八湯独立宣言文(2010年09月07日)

別府八湯MLから転載します。

「独立宣言文」

世界に冠たる私たちの愛する泉都別府は、実は八つの温泉の集合体からなっており、その昔は「別府八湯」と呼ばれ親しまれていました。

下町情緒豊かな浜脇温泉、竹瓦、不老泉、駅前高等温泉に代表される別府温泉、杉乃井、白雲などの旅館・ホテルを中心とした観海寺温泉、昔ながらの亀川温泉、渓流滝湯と蒸し湯の柴石温泉、地獄地帯と湯治客の行き交う鉄輪温泉、地域の人々が利用する堀田温泉、そして湯の花香る明礬温泉と、いずれもが強烈な個性を持った温泉の中の温泉、史上最強の温泉群なのであります。

その個性が、いつの間にか「別府温泉」という総称で呼ばれることにより、人々の意識の中に沈殿してしまった現実があります。そしてその意識の希薄化とともに別府はなぜか元気をなくしてしまいました。地域が画一化されることによるメリットよりも、「INDPENDENCE(独立)」の旗印を掲げて、だれにも頼らず、自らの力でがんばる勇気を、その地域住民が持ったとき、別府はふたた
び「黄金の日々」が約束されると信じます。

別府八湯の八、油屋熊八の八、そして別府総鎮守別府朝見八幡宮の八白年祭のこのよき日に、平成八年八月八日午前八時八分八秒のこの時を期して、別府八湯独立をここに声高らかに勝手に宣言いたします。

              平成8年8月8日
                 別府八湯勝手に独立宣言するフォーラム
[PR]
by spalove | 2010-09-07 21:47 | メッセージ

別府八湯温泉道名人会の記念グッズ(2010年07月22日)

f0084607_18251846.jpg
別府八湯温泉道名人会の記念グッズを作成しました。
輪島塗の箸です。
希望者は、2010年8月8日8時8分8秒に、「海門寺温泉」に来て下さい。
進呈いたします。

なお、次回は「湯快な温泉道 浦達雄」の箸を作成します。お楽しみに。
[PR]
by spalove | 2010-07-22 18:25 | メッセージ