日本タイ温泉観光協会設立(2015年04月22日)

2015年4月1日、日本タイ温泉観光協会を設立しました。
規約などは次の通りです。会費不要ですので、気楽な会にしたいと思います。

規約
第1条 会の目的
会の目的は、以下の通りである。
①タイ及び日本の温泉及び温泉地について、啓蒙活動を行う。
②タイ及び日本の温泉及び温泉地について、会員相互で情報交換を行う。
③会の活動を通して、会員相互の触れ合い・交流・出会いの場を提供する。
④日本からのタイへの温泉ツアーを企画する。
⑤タイから日本への温泉ツアーを企画する。
⑥その他、会が必要と認めたもの。
第2条 会の名称
会の名称は、「日本タイ温泉観光協会」とする。
英語表記は「The Japan Thailand Hot Spring Tourism Association」とする。
第3条 会の所在地
会の所在地(事務局)は、当面の間、大阪観光大学観光学部・浦達雄研究室とする。
住所は「590-0493 大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1」。
第4条 この会には、次の役員を置く。
顧問・会長・副会長・事務局長を置く。その他、必要に応じて担当を設ける。
第5条 会費・会員
①会費は、定期的に徴収しない。活動する場合は、そのつど徴収する。
②活動は、当面の間、不定期とする。
③会員は固定せず、タイや日本の温泉や温泉地に関心を持つ温泉マニアに限らず、学生・一般などから募集する。
④本会の活動に賛同する個人・組織・団体などを賛助会員とする。
第6条 活動内容
①自主活動
当面の間、各自が自主活動を行い、その成果は、ブログ・フェイスブックなどで各自が報告をする。
②温泉ツアー
時期を見て、温泉ツアーを企画し、実行する。
③研修会
研修会は、当分の間、他の組織のものを利用して、研鑽を励む。
附則:規約は、設立時である2015年4月1日から施行する。

役員
顧問(タイ):アナウッド チョサップ(Anawut CHOOSUP)
顧問(日本):土屋 渉(Wataru TSUCHIYA)
会長:浦 達雄(Tatsuo URA)
副会長:小堀 貴亮(Takaaki KOBORI)
事務局長(タイ):パンティラー シンタイポップ(Pantira SIGTAIPOB)
事務局長(日本):中山 三照(Mitsuteru NAKAYAMA)

公開講座
以下のテーマで、公開講座を行ないます。
希望の機関がありましたら、お知らせ下さい。原則、ボランティア講座となります。
総合テーマ「タイ北部のロングステイ・ショートステイについて~定年後の新たな過ごし方を考える~」
各論1 中山三照「ランナータイにおけるロングステイ・ショートステイの魅力」
各論2 浦  達雄「タイ北部の温泉とロングステイ」
f0084607_10154660.jpg

[PR]
by spalove | 2015-04-22 10:10 | ニュース


<< 第7回・温泉観光実践士養成講座... 新役員決定(2015年04月02日) >>