別府八湯温泉本2011(2011年09月09日)

別府八湯温泉本2011が発行された。
参加施設が149に拡大とは…。当初は、88ヵ所で、結構、入浴に制限もあって、苦労をして、文字通り修行でしたが、これでは、お遊びかもしれない。まあ、所詮、温泉道と言っても、お遊びですので、どうでもよい話ですが…。しかし、単なるスタンプ稼ぎでの「無賃入湯無し」だけはやめてほしい。

以下、今日新聞の記事です。

f0084607_2349632.jpg旅館・ホテルの無料入浴券付きで350円という、手頃な価格で人気がある「別府八湯温泉本」(11年―12年版)が1日、発売された。

別府八湯温泉道の参加施設リストや関連の話題が満載された手引き書でもあり、町歩きなど別府を楽しむのにも役立つガイドブック。創刊されて、今回が12冊目。5万部を発行し、書店やコンビニなどで販売している。

特集のうち、「2湯めぐりのススメ」では明礬湯の里とひょうたん温泉、あるいは岡本屋旅館と渋の湯の組み合わせ入浴をすることで、“シャンプー×リンス効果”が期待できる「美肌の湯」めぐりをはじめ、竹瓦温泉砂湯と鉄輪むし湯といった組み合わせ入浴での「ダイエット」めぐり、「ウルトラつるつる」めぐり、雰囲気の全く異なる2湯に入る「自分再発見の湯」めぐりも紹介している。

路地裏散歩のベテランガイド平野芳弘さんら市内各エリアの“達人”が、お勧めの立ち寄りスポットを紹介する「達人が教える、すごスポ」特集、みやげ品紹介の「別府のイケテル“おみや”達」特集も掲載されている。

別府八湯温泉道の参画施設では、新たに大分市内の3施設(王子温泉、クリスタル温泉、新川天然温泉SamaSama)が加わり合計149施設となった。

監修のNPO法人ハットウ・オンパクがオンパク仲間としてこれまでも支援している、東日本大震災の被災地福島県いわき湯本温泉について9温泉施設の紹介もあり、1年間限定で別府八湯温泉道の対象施設に加わる。

県北の温泉をめぐる別府八湯温泉道の「豊の国千年ロマン編」、九州八十八湯めぐりの九州温泉道も紹介されている。
[PR]
by spalove | 2011-09-09 23:48 | ニュース


<< 別府八湯温泉道(いわき湯本温泉... 別府八湯検定試験(大阪会場)の... >>