「岡本ホテル」実質経営の元会長ら3人逮捕(2011年02月08日)

サンケイニュースの転載です。

「岡本ホテル」実質経営の元会長ら3人逮捕 組織的詐欺容疑、8000人から200億円以上違法集金か
2011.2.8 01:05

静岡県熱海市の老舗「岡本ホテル」などの入会費名目で約3億円をだまし取ったとして、警視庁などの合同捜査本部は7日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の疑いで、会員制温泉クラブ「岡本倶楽部」を実質的に運営していたホテル経営「岡本ホテルシステムズ」(東京)の元会長、大東正博容疑者(59)ら3人を逮捕した。関連グループの幹部ら十数人も逮捕する。全国で約8000人から二百数十億円を集めたとみられる。

大東容疑者は指定暴力団山口組と関係が深く、預託金の一部は暴力団の資金源になった可能性がある。捜査本部は不透明な資金の流れについて実態解明に乗り出す。

ほかに逮捕されたのは、関連会社「オー・エム・シー」(東京、破産)の元代表で営業責任者だった山脇一晃容疑者(56)、同、松永博宣容疑者(37)。

捜査本部の調べによると、大東容疑者らは「岡本倶楽部」の名称で会員を勧誘する際、50万~3000万円を預けると5年後の退会時には預かり保証金分(約8~9割)が全額返還されるうえ、グループのホテルに宿泊できるとするポイント券を交付し、「使用しない場合は60~75%で買い取る」と高利回りをうたい、平成21年9月~22年5月、横浜市の不動産賃貸業の男性ら約80人から、約3億円の入会費をだまし取った疑いが持たれている。
捜査本部は昨年5月、出資法違反容疑で関係先を家宅捜索していた。
「岡本倶楽部」は岡本ホテルシステムズ社が17年4月に運営を開始、18年10月にオー・エム・シー社へ運営を移管した。21年夏ごろから換金をめぐるトラブルが続出、預託金返還を求める訴訟が相次いでいた。
岡本ホテルグループは静岡のほか、新潟、山梨、神奈川、福井、兵庫、三重の7県で、11の系列ホテル事業を展開している。
[PR]
by spalove | 2011-02-08 20:47 | ニュース


<< 速報・日本温泉地域学会第16回... 別府八湯温泉道名人会2011年... >>